ダイエットの極意は「不健康食品の排除」!? ー なぜ2.5kgも増えた?(T_T)

先日こんな記事を書いたところですが、昨日びっくりするような体験をしましたのでご報告。
 
忘年会と称して、知人とファミレスで長時間ダベりました。その際、スープバーを利用したのです。
飲んだのはコーンスープとクリームチャウダースープ。
美味しかったです。その量、合計十数杯(爆)

カップは100cc強の小さなものですが、それでも十数杯というのは尋常ではないですよね。
最初の十杯は、ホントにあっという間に飲みました。これはさすがにマズいだろう、とセーブしてもなおかつ計十数杯です(^^;
 
スープの正体はおそらく、グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)及び各種添加物、それにお湯だけだろうと想像します。天然の食材など全く入っていないでしょうね。
それを非常に美味しいと感じ、既に腹一杯にも関わらず「まだまだ飲みたい♪」と感じ、ガブ飲みしていたわけです。冷静になって考えれば、実に異常な状況だったと思います。グルタミン酸ナトリウム、恐るべし!!(汗)
 
で、もっとびっくりするのは、その後の話です。
帰宅し体重を測ると、なんと2.5kgも増えていました(爆)
 
実は大量にスープを飲み、ジュースも飲み、途中で腹の調子が悪くなって何度かトイレへ行っているのです。
つまり、尾籠な話で恐縮ですが出すモノも充分に出しています。にも関わらず、2.5kgも増えていたのです。
なぜ!?(滝汗)
 
翌朝になって再度体重を測っても、増加分はほとんど減っていませんでした。
カロリー計算上は、辻褄があいません。スープが15杯として1,620kcal、ジュースなどを合わせてもさすがに3,000kcalは超えていないでしょう。体重2.5kgといえば 7,200 ☓ 2.5 = 18,000kcal の超過を要しますから、全くもって不足しているはずです。
 
わははは(涙目)
ダイエットと言えば、医者はカロリー摂取と消費(運動)のみを説きますが、それだけでは不十分だということが今回の検証1つで痛いほど解ります。
グルタミン酸ナトリウムに対する感受性が高いと、このように異様な食欲喚起が生じます。また異様な体重増が生じるのです。そこに着目しないのはおかしい、と幸田は考えます。
 
それからグルタミン酸ナトリウムが原因とは限りませんが、このように添加物だらけの食品を大量に摂取すると、幸田の場合腹の調子がおかしくなります。
また左手に紫斑が現れました。これは添加物の多い食品を極力避けるようになってから、久しく見られない症状です。
 
ダイエットのみならず、健康にもよろしくないということが実によく解りました。今後は大いに気をつけます。