亡国「特定秘密保護法案」可決!! 日本は崩壊への道をひた走る

法律というのは明快性、客観性が求められます。
 
ほぼ誰が見てもハッキリと判断がつくからこそ、保護的機能、保障的機能、規制的機能というものが適切に働きます。
つまり、
「こっからここまでやっても、合法だぞ(保障)。こっから先は違法だからやっちゃいかんぞ~(規制)」
だとか、
「オレにはこんな権利があるんだぞ~(保護)」
という機能が生じます。
 
それらがきちんと機能するのが、真っ当な法律なのです。

言い換えると、特定秘密保護法案のように「何を秘密にして何を守ろうとしているのか不明確」で、とりわけ、
「誰が、何をやったら違法なのか(規制が不明確)。どこまでが合法なのか(保障が効かない)」
などという法律は、イカサマ以外のナニモノでもありません。
 
ましてや「知る権利」や「表現の自由」つまり基本的人権を、保護するどころか侵害します。
私達一般市民は、知る権利によってより適切な判断を行い、政治力を行使します。あるいは自らの政治的意思を表明し、多くの人々の賛同を得るべく働きかけます。これこそが民主主義のシステムです。
逆に考えると、知る権利や表現の自由を侵害されるということは、民主主義のシステムが正常に機能しません。民主主義の崩壊に繋がります。
 
これこそが特定秘密保護法案の正体です。本質的に、
「永久不可侵であるはずの基本的人権を侵害し、民主主義をぶち壊す」
イカサマ法案なのです。
日本はインチキ民主主義国家だ、と幸田は再三述べていますが、この法案の可決により、日本の民主主義はもはやインチキレベルですらなくなります。爆弾法案が今後断続的に爆発し、遠からず「民主主義」という看板を破壊します。
 
ネット上では、
「在日とバカ左翼が反対する」
などといった主張をみかけますが、そんな低レベルな意見に惑わされるな、と言いたいですね。
 
本当に日本を守るため、秘密の保護が必要だというのであれば、自衛隊法や公務員法等でどうにでも対処できるのです。まともな対処法はいくらでもあります。
それをこんな、アバウトでイカサマ臭い法案を持ちだして対処しようというのは、全くもってゴマカシに過ぎません。つまりこの法案の真の目的は、全然違うところに存在します。もう少し賢く、そこを見抜くべきです。
 
特定秘密保護法案、とうとう可決したようです。
この件に限らず、諸々ひっくるめて日本は只今、崩壊への道をひた走っています。