某国際的PCメーカーの頓珍漢な対応に面食らう

2014/04/30

日曜日、D◯LL社(伏せ字)にPCを注文しました。
月曜日の朝10:00過ぎ、代金を支払いました。
それから4時間半後、メールで注文請書が届きました。
 
夕方、早くも生産完了&国際輸送準備中とのメールあり。
いや生産早いなあ(^^;、と思ったんですが、まあ即納モデルなのでそんなものか、と納得。
ただ、モノが既に出来上がっているのに、どうして出荷が6日後なのか、と(笑)

幸田の専門分野ということで語らせて頂くなら、これは「業務プロセスが最適化されていない」という状況だと言えます。
日本の人件費は割高なので、国内の入出庫業務の人員を最小限に抑えているのでしょう。だから業務がスムーズに流れないんだと想像するわけです。
まあいずれにせよ、元々納期一週間程度とのアナウンスがあったので、こちらとしては特に問題ありません。
 
ところがその夜、
「配送センターから出荷されました。お届け予定日は2日後」
とのメールが・・・・。なんじゃそりゃ!?(笑)
 
海外で早々に生産完了し、国際輸送準備~出荷に6日かかるという見通し。
これがあっさり覆り、わずか数時間で国内倉庫に到着した上に、出荷作業まで完了!? わははは。スゴイぞDE◯L!! 対応の早さもスゴいが、見通しのハズレっぷりもスゴい(^^;
 
 
 
そして本日火曜日夕方。
「御入金を確認致しました」
というメールが届きました(爆) それはおととい来やがれって話でしょ(笑笑)
 
なんちゅーかもう結局、順番もスケジュールもムチャクチャで、笑うしかありませんな(^^;
あ、いや、この後届く商品までムチャクチャだったりしたら、その時は笑えませんが。・・・・