「らっきーデタラメ放送局」が面白い

幸田は90年頃からパソコン通信を始め、94年からインターネットを使うようになりました。
インターネットも2000年頃までは、情報源としてもビジネス目的でもあまり役に立ちませんでしたが、最近はホントにレベルが上がりましたね。隔世の感があります。
 
情報発信の手段として、面白い使い方をしている方々もたくさんいらっしゃいます。
 

[らっきーデタラメ放送局 – YouTube]
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%89%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%A1%E6%94%BE%E9%80%81%E5%B1%80


これを初めて視た時、やられた、と思いました。
幸田はまさにこういうことをやりたかったので。
 
巧いですね。
「今の社会には、こういう問題があるんですよ」
と指摘する方法としては、抜群の効果だと思います。視ていて面白い。短時間にうまくまとめられている。
 
ただ、説明が圧倒的に不足しています。
動画を視て、内容に関心を抱いた人、つまり、
「どういうこと?」
とか、
「それはちょっと違うんじゃねーの?」
とか、
「もうちょっと詳しく知りたい」
と思った人への受け皿が用意されていないため、効果が片手落ちになっています。そこがちょっと残念です。勿体無いです。
 
まあいずれにせよ、こういう良い仕事を見ると、自分も頑張ろうというモチベーションが湧いてきます。
幸田もいろいろ企画しています。ご期待あれ。