日本人と韓国人の間に横たわる溝を埋めよ!! - その5

ネット上では、某K国と醜い中傷合戦になっているようです。
 
みっともないので止めましょう。
無視しておけばいいのです。失礼ながらあの国はまだまだアレな国なので、こちらがそのレベルに合わせて中傷合戦を行うというのは自らの品位品格を貶める行為だと思います。
 
しかしながら、先方の誤った主張に対しては、きっちり反論しておくべきでしょう。
その辺り、日本は長年いい加減な対応を続けていたせいで、酷い状況になっています。

某K国の人々の主張を見ていると、不思議なことに気付きます。
自分達は日本の兄貴分だ、様々な文化を日本に教えてやったのだ、と思い込んでいるようです。
 
これは全くもって、ムチャクチャな話です。
おそらく古代百済時代あたりの話をしているのでしょうが、百済と現在の某K国は全く繋がりがありません。民族からして異なります。
百済や新羅(そして任那日本府も)が滅亡した後、彼の国は元(ゲン)をはじめとする国々に蹂躙され、長年国家の体を成していません。その間に北方から別民族がやってきて、半島に定住します。
それらの人々が、李氏朝鮮や現在の某K国の祖先です。
 
つまり、国家の断絶があり民族も異なり、現在の彼の国の人々は古代百済や新羅とは何の関係もないのです。
DNA解析の結果、現在の日本人と彼の国の人々ではあまり縁がないと判明していますが、原因はそういった事情に由来します。
ですから彼の国の人々に、百済新羅の実績を誇る資格はないのです。
 
誤り、その2。
百済や新羅は、日本の兄貴分などではありません。その逆です。
 
百済新羅より日本(古代大和王権)の方が強く、百済新羅は日本に貢物を差し出して領土安堵を乞い願った、というのが事実です。百済王族は日本に、身内を人質として差し出していた程でした。
これは支那の歴史書にも書かれていますし、なにより新羅の国史である三国史記にもハッキリ書かれているようです。
 
日本は漢の時代より、礼節を知る文明国ということで「倭国」と呼ばれていました。「にんべん」が付きます。逆に半島の国々は文明国扱いされておらず、国名は全て「けものへん」付きです。
日本の方が強大、かつ先進国だったのです。
 
日本に様々な文化を伝えた、と威張っていますが、半島独自の文化というのはほとんどありません。大半は他所の文化を半島経由で日本が受け取っているだけですから、彼の国の手柄とは言い難いものがあります。いやそれどころか、日本の様々な珍しいモノが欲しくて、積極的に貢物を差し出したと三国史記にも書かれているのだとか。
 
そういった事実を仔細に眺めると、なぜ、彼の国の人々が自分達を日本の兄貴分だと思い込んでいるのか、理解に苦しみます。噴飯モノです。