ネット工作員の暗躍が気持ち悪い(憂)

前々から非常に気になっているのですが、最近ネット工作員の暗躍が酷いですね。
政府機関も経費をかけて、(事実上の)ネット工作員を外注しているのは有名な話ですが、各政党も大いにやっています。
 
特に酷いと感じるのは、おそらく自民党お抱えのネット工作員。
世論をコントロールしようと躍起になっているのがよく分かります。
 
それはまだ、ある程度仕方がないことだと許容できないこともないのですが、自らが何らかの失策をやらかした時のリカバーには許しがたいものがあります。

例えば昨年の、塩村文夏都議セクハラ野次の件がそうです。
自民党都議が塩村議員に対し聞くに耐えない野次を飛ばす事件が発生し、これを糊塗するためネット工作員が暗躍。事件と全く関係ない、塩村議員の過去の行状などを洗いざらい暴き出して貶め、自党員の野次の件を有耶無耶にしてしまいました。
 
山本太郎氏が国会議員に立候補した時も、似たような状況でしたっけ。
同様のケースが昨年幾つかありました。忘れちゃいましたけど。
 
最近ではイスラム国人質問題でも、胡散臭い動きがみられます。
人質となった後藤健二氏の母親を在日呼ばわりして貶める動きがみられます。安倍政権の失策をどうにか誤魔化して世論をねじ曲げようという意図が透けて見えます。
 
安倍自民党政権批判を反日行為にすり替えて相手を叩く、という手法が目立ちます。
簡単にダマされちゃダメですよ。
完全に操られてますよ。
 
若い世代の方々はご存知ないかもしれませんが、自民党こそが長年日本の国益を損ねてきたのです。日本をぶっ壊してきた元凶です。
いや野党はそれに輪をかけて酷かったので、自民党だけを批判するつもりはありませんが。・・・・
 
そして忘れてはいけないのは、こういった世論操作に税金が投入されているということ。
血税を使いながら、堂々と表立った議論をやらず、ネット工作員を使って裏でコソコソと世論操作に打ち興じる。
 
これが誇りある日本の指導者達のやることか、と思うと涙が出てきます。
早々にご退陣頂き、日本再建に邁進したいものです。