安保法制反対派も賛成派も、論点がズレてますよ!!


繁華街の大きな交差点。
「安保法制反対!」と書いたプラカードを掲げた連中が、
「子供達を戦争に行かすな~!!」
と声を張り上げていました(笑)
 
おバ◯ですなあ(^^;
安保法制が廃案になれば、子供達が戦争に行くことを阻止できるんですかねえ・・・・(^^;(^^;
もし安保法制が成立すれば、戦争が始まるのでしょうか。

安保法制が幸いにして廃案になりました。直後、お隣の◯国だとか△国が突然攻めてきました。
どうなりますか!? それでも子供達は戦争に行かなくて済む、と言えるのでしょうか。
歴史を紐解けば、こたえは一目瞭然ですよね。
 
完全に、学校教育による洗脳に冒されていると感じます。お花畑平和主義、ですな。
安保があろうとなかろうと、戦争をやらないといけない時というのはやって来るし、自国の命運がかかっている時は子供達だって戦場で命をかけざるを得ないのです。
 
これを、「覚悟」と言います。1つの国家が国際社会の中で生きていこうと思えば、それなりの「覚悟」が必要なのです。
人と一緒ですよね。人だって、社会の荒波の中でしっかり自立して生きていくためには、様々な覚悟が必要です。
ただし、人の場合は警察や司法など、自らの生命や財産を守ってくれる機関が存在します。これに対し国家の場合、最後まで自らの力で生命や財産を守らざるを得ません。つまり人以上に、安全保障への強い覚悟を要するのです。いざとなれば戦争をも辞さぬ覚悟がなければ、自国の平和は守れません。
 
ところが憲法を読む限り、そういう視点での覚悟が見当たらないのです。虚構の世界、お花畑の平和主義が展開されているに過ぎません
そこに何ら疑問を持たないまま安保に反対したところで、何を主張しようと現実離れした空論でしかないのです。
 
では、安保法制に賛成する側が正しいのか。いえいえ、それもまたおかしい。おバ◯な点に関しては反対派と同レベル。完全に論点がズレていると感じます。
 
改めて指摘するのもバカバカしいのですが、安保法制議論の土台はまず、
安保の是非
のはずですよね。
 
賛成派も反対派も、そこに全く触れようとしない。これはどういうことでしょうか。幸田に言わせればそこが極めて不可解、不思議なのです。