地球上で最初の「遺伝物質」は隕石の衝突で誕生!再現実験で核酸塩基とアミノ酸の生成に成功!


 

【HEALTH PRESS】 2016/11/06
“地球上で最初の「遺伝物質」は隕石の衝突で誕生!再現実験で核酸塩基とアミノ酸の生成に成功!”

http://healthpress.jp/2016/11/post-2641.html

 
いや確かに素晴らしい成果だとは思いますよ。
 
しかしまあ、あれですな。
キッチンに人参、玉ねぎ、じゃがいも、ルウを並べただけで、勝手にカレーが出来上がりますか、と・・・・(笑)

遺伝子のメカニズムは物凄く複雑だし、驚くほどシステマティックです。今日の叡智の結晶たる、コンピューターを凌駕します。
材料の2つ(今回はシトシンとウラシル)が自然発生することを再現成功した、というのですから、まだまだ最初の一歩といったところですね。
 
生物は、人類は、本当に自然発生し自然に進化したのか。
世界的に見ると、既に進化論より創造論の方が多数の指示を得つつあります。幸田もまた、
「誰かが、意図的にデザインし、地球上の生物やヒトを創った」
という「創造論」の方に興味関心があります。