ドナルド・トランプ大統領、正式にTPP離脱を表明!

2017/05/06

大富豪ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任しました。早速公約通り、TPP離脱を表明したようです。
 

【情報速報ドットコム】 2017/01/21
“【速報】ドナルド・トランプ大統領、正式にTPP離脱を表明!”

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15163.html

 
あれれれ!?
TPPって、一旦交渉の場についたら、中途離脱は不可って話じゃなかったですかね?(笑)

それとも宗主国アメリカ様は例外的に中途離脱OKで、日本は属国だから不可だったんですかね?(^^;
 
まあ、いずれにせよ、中途離脱不可だとか交渉内容非公開だとか、そういった胡散臭い政治的交渉は本来あり得ない話です。国民主権、民主主義の原則に真っ向から反する「暴挙」です。本当に公のための協定であれば、内容非公開云々といった条件がつく筈がないのです。
 
キーマンたるアメリカさんが離脱してくれることにより、お流れとなるのであれば万々歳です。
トランプ新大統領誕生に関しては賛否両論ですが、この決断1つだけでも大きな評価に値する、と幸田は思います。
 
ちなみに、世界には様々な「イカサマのカラクリ」が存在します。
 
例えばアメリカさんの連邦準備制度、連邦準備銀行(FED/FRB)などが正にそうです。単なる1民間企業があたかも政府機関であるかのように自らを偽装し、一国の金融政策を司り国家負債を天文学的数字に膨らましています。
 
この連邦準備制度は、J・P・モルガン等の主導により秘密会議にて構想が進められ、T・W・ウィルソンというアタマの弱い大統領をそそのかし、多くの上院議員がクリスマス休暇で不在の隙を突いて、正に陰謀的に成立しました。
 
以後、今日までずっと、日々米国民の富を奪っています。
今日の世界各国の中央銀行は、その大半が大なり小なり米連邦準備制度と同じカラクリで設立、運営されています。勿論、日銀も例外ではありません。
 
イカサマのカラクリとは、往々にしてこのように構築されるようです。
TPPも、危うく同じ轍を踏むところでした。2016年11月、米大統領選直前にバタバタとTPP法案を通した安倍政権は、イカサマのカラクリ構築の片棒を担いでいました。
 
これを機に、TPPがお流れになることを、切に望みます。イカサマはもうたくさんです。