プロセス改善こそがビジネスの成長の「かなめ」

2013/01/29

たった1つの武器を磨くということ

ビジネスとは、どうやらバランスが肝心のようです。
どこかが極端に優れている反面、他がからっきし弱くてもダメ。いや優れている点があるのは非常に良いことですが、弱い箇所があることも充分認識した上で、それをきっちりカバーしなくてはいけません。
 
こんな凄いネタがあるから、ビジネスを始めよう。
意思は大いに結構ですが、バランスも意識します。ネタや商材だけでなく、うまく、あれもこれも揃えていきましょう。

例えば前回の、商品バリエーションの話です。
たこ焼きしかなくても、ビジネスは出来るのです。その代わり、「売るものがないじゃん」とお好み焼きや焼き飯をメニューに追加することよりも、もっと先にやることがいろいろあるのです。
たった1つの、たこ焼きという武器を、徹底的に磨く作業が、極めて重要なのです。
 
 

プロセスとは「業務の工程」のこと

幸田はたこ焼き屋をやったことがないので、以下、全部想像です(笑)
仕入れは、良い品を素早く見分けて、安くで購入。即座に車に積み込み、とっとと店に戻ります。
店に戻ったら、厨房の掃除や道具類の手入れが必要でしょうね。
それから、素早く仕込みをやるはずです。
 
店内の掃除など、開店準備も必要なはずです。
そして焼き始める。幾らかは作り置きをしておくべきでしょう。
お客さんが並び始めたら、接客もするし、その合間にどんどん焼いていくべきでしょうね。
やがて閉店時間になったら、お店を閉め、売上の計算もやるべきでしょう。
 
1日の業務をよくみると、こういう具合に幾つもの工程があります。これを経営の用語では「業務プロセス」といいます。
業務をプロセス単位でとらえ、その1つ1つを磨き上げていく。これこそが実は、ビジネスの成長の要なのです。
 
人気の商品を扱うことだとか、お客さんをたくさん持っていること、ではないんです。
いや勿論、それも非常に重要ですが、それだけ長所として突出していても、ビジネスは成長しないのです。
 
 

プロセス改善なきビジネス

ちょっと想像してみて下さい。業務プロセスを磨き上げる、という観点を持ち合わせていないケースを。
アナタはたこ焼き屋さんです。「究極のたこ焼き」というなんかモノ凄い商品を開発ました(笑) イケメンで、女性のお客さんをたくさん持っています(^^;
 
朝からバタバタと仕入れをこなします。
なんとなく開店準備をやり、お店を開きます。バタバタとなんとなく慌しくお客さんを捌き、気が付いたら閉店時間。
なんとなく忙しいまま、なんとなく同じような日々が続きます。多少小金を稼いだら、営業と称してキャバクラに出陣します(笑)