価格競争からの脱出

2013/01/23

先日、ちょろっと宮崎の実家に戻りました。
 
福岡宮崎間の移動手段は、ひどいものです。
鉄道は全く使い物にならず、飛行機は割高。車だと運転がしんどい上に、ガス代高速代に泣きます。
で、必然的に高速バス利用ということになります。
 
今回初めて、新興会社の高速バスを利用しました。
うっかり、予約時に大して気にも留めなかったのですが、4列シートと書いてありました。
いざ乗ってみてびっくりですよ。座席が、成人男性の肩幅より狭いわけです。これは辛い。

隣席は細身の20代でした。それでもやっぱり、肩がはみ出します。
こちらは巨漢。いや、巨漢とはいえ、肩幅なんて標準体型の人と大して変わらないでしょうけど。
やむなく体を通路側に乗り出し、さらに背中を丸めて乗っていました。いやホント辛かったです。肩の骨が少しズレました。
 
足元も同様です。成人男性にはちょっと長さが足りないんですよね。
にもかかわらず、足置きなんかが付いているわけですよ。これが邪魔で邪魔で困ります。
 
設計者出て来い、と言いたいわけです。
もしくは運行会社の社長、何とかしろ、と。
アナタ方が、男ふたり並んで座り、4時間くつろげますか、と。
 
唯一といってもいい、交通手段なのです。
当然、ビジネスでの利用客だって少なくないはずです。4時間バスに揺られて何事もなく立ち上がり、全力で商談に駆け回れますか、と。