気象庁が放射性物質拡散予測を公表!? 今更ながら慌てふためく日本人

2013/01/23

武田邦彦氏が、さかのぼること3/17の配信記事にて、

日本の気象庁は「過去、現在、近い将来」に福島原発の放射線物質がどのように流れるかについて、まったく発表をしていない。
日本には気象庁はなかったのか!

と強く要求していました。
 
ところが今頃になって、つまり武田氏の指摘から17日も経過した本日、
気象庁が放射性物質拡散予測を連日作成しているが、政府が公表を抑えていた
と読売新聞がすっぱ抜きました。枝野官房長官もこれを事実と認めています
 
呆れた話です。
我々一般市民は、世界に誇る我が国の気象庁からデータを得られず、ドイツやノルウェーの気象庁が発表するデータを参照しています。
マヌケですよね。
 
この、拡散予測図公表に合わせて、「原発周辺避難地域設定を見直す」という話が、新たに政府より出ています。
 
これまた呆れた話ですね。
拡散予測図が公の目に晒されることによって、汚染状況や避難を要する地域が誰の目にも明らかになってしまうため、後手後手で政府が対策を講じている構図が目に浮かびます。