原発問題の行く末を占う - その4

2013/01/23

ソフトバンク孫正義氏が太陽光発電事業を大々的に打ち出し、あっという間に19自治体が参加することになりました。
その3でも述べましたが、よりによってなぜ、太陽光発電なのか。
事業計画の詳細が見えないため、孫氏の真意が見えません。
 
ネット上には、随分手厳しい批判が溢れています。
その多くは、非力で高コストになってしまう太陽光発電で、採算が合うはずがない、という認識で、
要するに補助金目当てのビジネスなのだろう
とみているようです。

私の尊敬する経済学者I氏などもその論調で、
「補助金貰って正義を振りかざすな。やるなら自己資金でやれ。ただ株主も黙ってはいないはずだぞ」
などと非常に手厳しい。まあこの人、こと原発問題になると論調がかなりおかしいのですが。・・・・
 
私は、あの孫氏が成算なく、採算の怪しいビジネスに乗り出すとは思えないんですよね。
補助金頼みのビジネスなんて、そんなチンケなプランに何百億も投資するとは思えないんです。敏腕経営者孫氏だからこその、普通の人間には想像もできないような、深いアイデアがあるんだと思うんです。
だからこそ、事業計画の詳細を明かさないんだ、と。
そう思いませんか?