「成功の条件」「成功の法則」は存在する?

2013/03/17

いわゆる成功本、成功体験本というものがたくさん出回っています。
いわく、私はこんな具合に頑張った、こんな苦労があったがこうやって乗り越えた、そして成功を掴んだ、といった感じですね。
 
そして文章のあちこちから、
「大きな声では言わないが、オレは優秀だ。大きな声では言わないが、もの凄く頑張った。人並以上に根性もある。すっげー苦労したけどすっげー気合を入れて乗り切った。どうだ参ったか凡人共!!(笑)」
という、本人の思いがぷんぷん漂ってきます。

で、私達凡人共は(笑)それに辟易しつつも、
「やっぱ優秀な人間が、根性出してもの凄く頑張るから成功するんだなあ」
と納得してしまいがちです。
 
でも、よく考えて下さい。成功本の著者と同じくらい、いやそれ以上に優秀で努力して根性もある凄い人が、一握りの成功者の裏側に膨大な屍の山を築いています。多くの人は、それを見落としています。
要するに「優秀で根性もある人が凄く頑張った」ので「成功した」という因果関係は、客観的に見て成り立たないのです。
 
優秀で凄く頑張った人がたくさん失敗している一方で、フツーの人が大して頑張っていないのに成功している(笑)ケースもたくさんあります。
いかがでしょうか。幸田の目から見て、優秀だとかそうでないとか、頑張ったとか頑張っていないだとか、そういった条件に成功失敗の因果関係は全くないと感じます。
 
そうそう。成功者のビジネスプランをそっくりそのままトレースしても、これまた成功するとは限りません。
 
「成功の条件」だとか「成功の法則」だとかいったものは、果たして存在するのでしょうか。
実は、そんなものは最初から存在しないのかもしれません。科学的思考に慣れきった私達には、意外に感じるかもしれませんが・・・・。