化学調味料がよろしくない

2013/04/07

幸田が感じている謎の体調不良、不定愁訴は、どうやら化学調味料のせいだと判明しました。
 
もしかしたら、と疑い、天然の出汁だけの食生活を試してみたら、数日で改善したんですよね。
何度か検証してみましたが、間違いないようです。化学調味料は体に負担がかかっている、と感じます。

ちなみに余談ですが、幸田の場合酸化防止剤もダメですな。南米産のワインなどを飲むと翌日全身、筋肉痛のような痛みに襲われます。某社のパンもNGなのですが、これも多分その類いが原因でしょう。
 
化学調味料が入ったスナック菓子と、入っていないスナックを食べ比べます。
入っていないスナック菓子は適度に食べて、満足します。
ところが入っているスナック菓子の方は、妙に後を引くのです。腹一杯になっているのに、止まらなくなってしまいます。
 
過食の原因も、化学調味料かもしれません。
 
某ファストフード多国籍企業の名を挙げるまでもなく、粗悪な素材を使っていても「ちゃんと食べられる商品」に仕上げてしまいます。これもまた化学調味料効果です。
 
ですから私達の食生活は化学調味料によって、実は質的低下をも招いているわけです。
 
美味いと感じるのでたくさん食べる。しかし食材の質が悪いので栄養に乏しい。だから体としては栄養不足で、脳は「もっと食べろ」と要求する。食べ過ぎて腹ははちきれそうなのに、食欲が止まらない(^^;
これが過食症のメカニズムでしょうね。
 
そしてコーラ。
幸田は中毒と言えそうなくらい、コーラを飲みます(^^; 物凄く、飲みたくなるのです。
 
化学調味料の多い食事を摂った時は、やたらとコーラを飲みます。
化学調味料なしの食事の後は、特にコーラを欲しないこともわかりました。
ファストフードとコーラの相性が良いのは、なんと化学調味料が原因のようです。
 
化学調味料。
一見素晴らしいモノのように感じますが、幸田の個人的認識としては、いろいろとよろしくないようです。
 
安価な食料品、食生活で済ませようと思えば、化学調味料は避けられません。ホンモノの食材だけを平然と揃えられるよう、さっさと金持ちになるべきですね(笑)