蒸留水が体に良いらしい

宮崎県内のPM2.5汚染がピークに・・・・、と騒がれた5月下旬のある日、私はふらふらと地元繁華街を飲み歩いていました。
で、翌日見事に喉が腫れ上がりました。
 
喉を傷めると気管支炎発症、というのが幸田の既定路線です。案の定それから2日後、気管支炎の発作が出始めました。
幸田が顧問を務めている会社が、近々新しい施設をオープンさせる関係で、現在まさに追い込みの状況。おちおち休養もできません。無理して4日出張し働いていたら、胃腸炎に・・・・(涙目)

そして出張を終えて戻ってくると、今度は額に帯状疱疹発症(号泣)
もの凄い、負の連鎖。ダメダメですなあ。
体が弱く、いざという時の踏ん張りが利きません。

ちょっと不思議に感じるのですが、体は健康な状態がどんなものか、勝手に知っています。
「今は猛烈に不健康な状態だぞ」
とさかんに警告を発しているようです。
 
ガキの頃から体内に、かなりの量の化学物質を溜め込んでいるのだと感じます。だからアレルギー体質なのでしょう。
毎日すごい量の水を飲みます。飲まずにいられません。また人並以上に汗をかきます。体が一生懸命、良くない物質を体外に排出しようとしているように感じます。
 
また異常な程、野菜を食べます。体が野菜を欲している感じです。
昨日はレストランのサラダバーで、直径20cm近いサラダボウルに山盛り4杯(笑)、野菜を盛って食べました。
ちなみに野菜には、体の浄化作用があると言われています。
 
幸田はかなり太っています。
食べても全然栄養として吸収されていない感じで、常に顔色が悪くふらふらしています。頭と体の両方が「猛烈に不健康だぞ」とがんがんワーニングを発しています。
 
どうしたものかと日頃から対処法を探していたのですが、ちょっと気になる情報を発見。
下記サイトは以前からよく拝見させて頂いているのですが、つい先日面白い話を見かけました。
 
【本山よろず屋本舗】
“ブラウン・ランドーン博士の提唱する老化の原因...2013年5月16日”
http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_9.htm#info_916
 
“ランドーン博士の提唱する肥満の原因...2013年5月30日”
http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_9.htm#info_918
 
 
なるほど、と思いました。水です。多分、水が悪いんです。