日経225デイトレ大研究

昨日は高値で寄付いたので、買えませんでした。
用事を片付けつつ眺めていると、そのうち急降下。
 
そろそろ反発するか、と買い建てたのが13:30過ぎ。
ところが思ったように伸びず、こりゃマズいぞと+5円で捨てました。

日経225デイトレ大研究

寄付きの9時頃というのは、なにかと慌ただしいものです。
本日もちょっとバタバタしていて、エントリーのタイミングを逃しました。
 
しまった出遅れた、と焦って14,225円で買い建て。ところが案の定、直後に14,240円をつけて反落。
そりゃそうですよねえ(^^; 確かにそういうチャートです。何か材料がない限り、その辺が天井でした。

日経225デイトレ大研究

本日は随分とヘマを繰り返しました。
トレンドは上、しかし割安な位置で寄付いたので、早々から果敢に「買い」エントリー。
 
ところが手元作業の混乱でタイミングが遅れ、ちょっと甘いポジション。つまり若干高めで買い建てた上、読みに反し下落。
しかもLC判断も一瞬ためらいがあり、-100円。
目標としては、絶妙のタイミングでエントリーした上でLC-50円程度に抑えたいところなんですが・・・・。

日経225デイトレ大研究, 雑談

大仕事が一段落し、本日より通常営業モード。
まず事務所の掃除をしよ~っと。
 
デイトレも再開したいところ。
あ、いつの間にか、日経が1,000円ばかし上昇してますね。
日足も明確に、上昇に転じそうな案配。

日経225デイトレ大研究

本日は寄付早々が、わかりやすいチャンスでした。
が、9:00直前から別作業をやっていて、ふと気づいたらもう始まっていました(^^;
100円近く撮り損ねたな、と・・・・(涙目)
 
次のチャンスは、昼過ぎになるかもしれませんね。
 
昨日はSQ前ということで、手を出してはいけない自己ルールなんですが、ついやっちゃいました(^^;
外出先から戻るなり、発作的にエントリー(自爆)
1枚だけ売り建て。一時期は+215円。しかしその下ヒゲの先端での決済注文を咄嗟に取り消したのが運の尽き(T_T)(T_T)
 
SQ前の急激な上下動に翻弄され、しかしいい加減なエントリーだったため自分の判断に自信が持てず、ちょっと早めにLC。-25円。
結論から言えば、これが間違い。
 
しかもその後も呆れるほどおバカなエントリーでLC-60円(号泣)
反省するより他ありませんな・・・・。
確信を持って適切なポジションでエントリーしないと、確信を持って「自分の読みが間違っていた」と判断できないため、LC判断がヨレヨレになります。うまくいくはずがない、と痛感しました。
 
私はどうやら、
「暴落局面でウハウハ状態を経験したい」
という願望があるらしく、それがちょくちょく判断を狂わせているようです。
昨日もその願望から、発作的にエントリーして失敗しました。利食いをキャンセルしたのも、暴落ウハウハ願望のせいです(^^; それを改めるべきですね。

日経225デイトレ大研究

寄り付き早々下がっています。
買い時かな、という感じがしないでもないのですが・・・・。
 
トレンドの転換期っぽいし、SQ週なので動きが読めません。今日はノーエントリーを決め込みます。

日経225デイトレ大研究

昨晩夜半過ぎ、つい、酔っ払ってエントリーし大敗を喫しました(涙目)
-195円。
酔っている時は不可、という自己ルールがあるんですけどねえ・・・・(T_T) やはりルールは厳守すべきです。
 
6月7日。
日足、分足ともに下降トレンド。なので高値圏で売り建て。
 
開始早々一気に15分足+1σまで上昇したので、12,825円で売り建てます。

日経225デイトレ大研究

長らくデイトレができませんでした。
 
時折トレードツールを起動して眺めているんですけれど、日々なんの下準備もしていないので手が出せません。
オイシい相場環境になっているようですが、指をくわえて見ているだけ(^^;
 
今日こそは・・・・、と下準備なしで思い切ってエントリーしたのが、5月23日。

日経225デイトレ大研究, 雑談

デイトレ用のツールを作ってみました。
VB2008(.NET)で作成しています。データベースはポータビリティを考慮し、敢えて Access MDB を使用。
 
imgTradeRec1.jpg

imgTradeRec2.jpg

imgTradeRec3.jpg

日経225デイトレ大研究, 雑談

地デジ化を機に、テレビとおさらばしました。思った以上に時間を有効に使えて、非常に良いですね。
ただ、やはりたまには視たくなりますが。・・・・
 
何か視るものはないか、と引っ張り出したのが、映画「大逆転」
エディ・マーフィ出演の、相場物コメディです。
十数年ぶりに視たのですが、いやホント面白いですね。
 
以前は大雑把にしか意味の解っていなかった部分も、今ならきっちり理解できます。