だからこそ「憲法改正」, 毒舌企画!! 「常識のウソ」

後編より続きます。
 
幸田はビジネスコンサルとして、常日頃「戦略の重要性」を主張しています。
しっかりした経営戦略があるからこそ、個別具体的戦術が活きます。会社という組織が一丸となって、目的や理念を追求すべく全力で前進することができます。
 
これは勿論、国家についても同じことが言えます。
憲法が、国家の姿を形作ります。なぜなら本来憲法こそが国家戦略そのものであり、戦略を遂行する個別具体的戦術の指針になるからです。

だからこそ「憲法改正」, 毒舌企画!! 「常識のウソ」

中編より続きます。
日本はナンチャッテ民主主義国家です。なぜならこれまで再三述べてきたように、まず憲法が欠陥だらけだから。いやインチキ憲法だから、と言うべきでしょうか。
 
 

なぜか国民の義務のみが明記されている

本当に民主主義国家であれば、国民主権、つまり基本的人権を有する国民が一番エラいのです。その国民の基本的人権を保護するため保障するために、政府をはじめとする公的機関が存在します。
そしてそれらを維持するために、徴税権が認められるはずなのです。
 
しかしながら、これも中編において述べた通り、日本政府が日本国民に対しどのような義務を負うのか、憲法にほとんど記述がありません。ほぼゼロと言えます。

だからこそ「憲法改正」, 毒舌企画!! 「常識のウソ」

2013/11/20 動画を作成しました。
【動画版】だからこそ「憲法改正」 (中編)
   ~~ なんちゃって民主主義は インチキ憲法に由来する・・・・

http://offtime.sohnosuke.com/?p=10089

 
前編にて述べたように、基本的人権を有する国民様が一番エラいのです。
その基本的人権を保護するため保障するために、政府およびその他の公的機関が存在します。つまり日本国の国民様が「主」で、政府が「従」です。
 
繰り返しになりますが、これこそが民主主義思想の原点であり本質であり、民主主義国家の根幹です。
日本国憲法がホントに民主主義憲法であれば、この構図がキッチリ明記されているはずです。しかし実情は、前編で述べた通り全くダメダメなんですよね。

だからこそ「憲法改正」, 毒舌企画!! 「常識のウソ」

2013/11/20 動画を作成しました。
【動画版】だからこそ「憲法改正」 (前編)
   ~~ なんちゃって民主主義は インチキ憲法に由来する・・・・

http://offtime.sohnosuke.com/?p=10080

 
日本は民主主義国家だそうです。
いえいえこれは大ウソです。これまで幸田が再三述べているように、全くもって民主主義国家ではありません。
なぜか。
まず何よりも、憲法がインチキ臭いからです(苦笑)
 
今回、Fラン大学呆学部にてちょろっと憲法をかじっただけの幸田が、無謀にも憲法改正論にビシバシ切り込んでいきたいと思います(^^;

だからこそ「憲法改正」, 毒舌企画!! 「常識のウソ」

今回の選挙に関する各種の世論調査によれば、国民にとっての一番の争点は原発問題だったそうです。
勿論、世間の声としては原発反対派が圧倒的でした。
 
ところが現実はどうか。原発推進の自民党が圧勝しました。原発反対の生活の党は何故か壊滅しました。

毒舌企画!! 「常識のウソ」

先日、勉強会に誘われ、長距離を往復してきました。
長距離といっても、私自身は自宅から60km先までマイカーで出向いただけです。そこから先85kmは、知り合いが車に乗せてくれました。
 
私はずっとしゃべっていただけ(笑)
 
会話しながら移動。
移動途中、ファミレスに寄って食事をとりながら会話。現地に到着し、勉強会までの間も会話。

毒舌企画!! 「常識のウソ」

「努力すれば報われる」
と言います。
 
幸田は断言します。それはウソです。大いなるウソです。
 
本当に、努力して報われていますか?
よくよく考えてみると、報われない方が圧倒的に多いですよね(^^;

毒舌企画!! 「常識のウソ」

ただ今休止中ですが、昨年デイトレをやりました。
本を30冊ばかし読み、徹底的に勉強しました。そこから本当に様々なことを学びました。
 
 

デイトレに学ぶ「科学のウソ」

一番大きな成果は、「科学のウソ」に気付いたことでしょうか。

毒舌企画!! 「常識のウソ」

前回の記事は自信作のつもりでしたが(笑)、反応は今ひとつでした。
がっかりして読み直してみると、なるほど極めて重要な点で説明が不足していますね。
 
即ちこの社会、至るところに競走のトラックが敷かれ、ゴールが準備され、ルール通りに走らされています、と。

毒舌企画!! 「常識のウソ」

ちょっと考えてみて下さい

よくある運動会の光景を思い浮かべて下さい。
アナタは今、徒競争のスタートラインにいます。フィールドを囲んでぐるりと一周400mのトラックがあり、フィールドの反対側にゴールラインが見えています。
誰よりも早く、素晴らしい速さであのゴールラインに辿り着くのが目標です。
 
強力なライバル連中を蹴散らして、誰よりも早くゴールテープを切りたい。アナタはどうしますか? ちょっと考えてみて下さい。