補足解説「卑弥呼様が降臨してアレの証拠隠滅を頼まれちゃった~」

この記事は、新たな邪馬台国論を小説仕立てにした拙著「卑弥呼様が降臨してアレの証拠隠滅を頼まれちゃった~」の、補足解説です。
 
小説としての制約から、解説不十分の箇所も多々存在します。
当記事はそれらを補うために執筆しております。
 

【解説のターゲット】
第二章、

政治・経済, 生活保護についてモノ申す!!

F欄大学(笑)時代、憲法ゼミに所属し卒論で基本的人権を扱い、今また周囲に生保受給者や国民年金受給者がいまして、社会福祉問題について考える機会が少なくありません。
そういう事情もあって、以下の動画が目に止まりました。
 

慶応大学経済学部在学中に生活保護関連のボランティアをしていた、という方が、生活保護について語っています。
この動画の解説を取っ掛かりに、生活保護制度及びこの国の社会福祉について、バッサリ斬っていきたいと思います。

政治・経済

幸田は品行方正の模範的おっさん(笑)でして、日頃は穏やかです。短気ではありますが、少々の事に声を荒げることはありません。
しかし大悪に対しては、話は別です。
 
おい、国会議員と官僚!!
てめえら、全員直ちに辞表を提出し、横一列に並んで座りハラを切れっ!!
もし今が幕末なら、既に結構な数の死人が出ているところだぞ!! 歴代首相はことごとく、首相官邸前で水戸浪士と薩摩浪士に首を刎ねられているぞ。……