安倍自民党政権にダマされるな!!

その3より続きます。金融緩和について。
 
流通しているお金の総額が、段々減ってきます。お金が減れば景気が下向きになります。
 
なぜ段々減っていくのかと申しますと、国際金融資本が世界中から少しずつ吸い上げる構図があるからです。

安倍自民党政権にダマされるな!!

その2より続きます。金融政策についてです。
池上彰氏以上にわかり易い解説を目指します(笑)
 
既に述べたように、インフレとは「景気が良くなること」ではありません
ですから景気を良くしようと意図するなら、インフレや、あるいは逆にデフレを目指しても意味がないんですよね。
インフレを目指すというのは、景気にとってむしろマイナスとなります。

安倍自民党政権にダマされるな!!

その1より続きます。金融政策についてです。
 
多くの方々がインフレについて、極めて大きな誤解をしています。
インフレとは単に、物価が上昇し続けることを言います。ただそれだけ。決して「景気が良くなること」ではありません。
 
近所のスーパーでいつも買ってるメロンパンの値札が、100円から徐々に数字が書き変わり、120円、150円・・・・と変化するだけの話。それをインフレと言います。

安倍自民党政権にダマされるな!!

ネットで政治経済関連の掲示板などを読んでいると、最近やたらと安倍自民党政権を盲目的に支持する若い世代が多いのに驚かされます。
 
その大半は、「現役世代の一般市民」という一番メジャーな層に含まれます。
この「現役世代の一般市民」の利害に反することばかりやっているのが、実は現在の自民党政権の政策なんですね。
 
要するに私達一般市民は、コケにされているんです。なのにみなさん全然気付いていないんです(^^;