TPPと経済グローバリズム


 
一時期「グローバル化」という言葉がやたらと流行りました。
 
グローバル化とは、例えるなら山を完全に崩し、海も川も湖も全部埋め立てて、見渡す限りまっ平らな土地だけにしてしまうようなものです。
そしてそこで生活する上での諸ルールを、完全に統一してしまいます。
 
景色の良い、湖のほとりに家を建て、好きな読書でもしながらのんびり暮らしたい人もいるでしょう。
空気の良い、山の中腹辺りに家を建て、高原野菜を育てながら健康的な自給自足生活をしたい人もいるでしょう。
或いは全てが揃っていて便利な、人口の密集する都市部で充実した生活をしたい人もいるでしょう。

だからこそ「憲法改正」

現在の日本における、私達国民の税負担は、いかがなものでしょうか。
拙著「 だからこそ『憲法改正』 ~ 欠陥だらけのインチキ憲法がインチキ国家を形作る ~」に 、幸田のものすごく大雑把な計算(笑)を記載しています。
 
まず、年間の日本人全体の稼ぎです。
正確な数字は不明ですが、目安となる数字は国民総所得でしょうか。2014年度の数字でざっと530兆円程度のようです。
 
対する、納税額の総計はどのくらいでしょうか。
これまた正確な数字は不明ですが、政府の一般会計と特別会計の歳入総額から重複分を除くと、ざっと240兆円です。
さらに地方税を加算すると、これまた大雑把な数字になりますが総額で330兆円程度となります。