インチキ縄文歴史観を粉砕する

先日、こんな記事を書きました。
 

【幸田蒼之助の休日】 2018/04/01
“知られざる「日本のピラミッド」が織りなす三角形”

http://offtime.sohnosuke.com/archives/12455

 
その後、ふと、
「このラインの延長線上には何がある?」
と気になり、母智丘より先まで線を伸ばしてみました。

インチキ縄文歴史観を粉砕する

以前、こんな記事を書きました。
 

【幸田蒼之助の休日】 2016/12/23
“「やりすぎ都市伝説SP」で紹介されなかった「日本のピラミッド」”

http://offtime.sohnosuke.com/archives/11621

 
日本各地に、謎の古代遺跡があります。
山頂まで巨石を運び上げ、加工し、磐座(いわくら)と呼ばれる謎の遺構を構築しています。
何らかの観測施設なのか、或いは祭祀施設なのか、不明です。
「日本のピラミッド」と呼ばれています。

インチキ縄文歴史観を粉砕する, 休日は読書三昧


 
学術的な本でありながら、非常にアツかった。感動で涙が出そうになりました。
こんな本、初めてです。
 
著者は後藤和民氏。加曽利貝塚の調査や遺跡保存運動、そして加曽利貝塚博物館の立ち上げに関わった方。
 
敗戦時、父親の仕事の都合で半島にいたため、身一つで引き上げてきたそうです。
裸一貫で開拓民となり家計を支えつつ、兄と交互に夜間高校を卒業。そして28歳にして漸く、明治大学に入学し考古学を専攻。筋金入りの研究者です。

インチキ縄文歴史観を粉砕する

 
前編より続きます。
 
 

土器は簡単に作れるモノなのか!?

縄文土器。・・・・
 
私達は学校で、
「粘土をよく捏ね、丸めて棒状にし、それをぐるぐる積み上げて・・・・(以下略)」
などと、作り方を教わります。
また各地で「縄文土器を作ろう」といった体験教室が開かれたりしていて、いかにも、
「子どもでも簡単に作れるんだ・・・・」
というイメージを受けます。

インチキ縄文歴史観を粉砕する, 政治・経済, 雑談


 
明けましておめでとうございます。
 
新年一服目は、Villiger EXPORTを吸っております。丸ではなく四角張った葉巻です。
美味いのですが、たばこ税、たばこ特別税(なんじゃそりゃ!?)、道府県たばこ税、市町村たばこ税そして消費税と5種類も課税され、実に65%もの税率がかかっています。
そう考えると悲しくなりますね。
 
納税には本来、ちゃんと根拠が必要なのです。
「義務だから払わんといかん」
ではないのです。
私達一般市民が、私達の諸権利や国益を守るという目的において、政府や自治体に「供託」しているものなのです。ですから正確に言えば、「課税」「徴税」という概念すら誤っています。

インチキ縄文歴史観を粉砕する

丁度テレビで「やりすぎ都市伝説 2016冬 4時間SP」をやっていました。
なんとなく視ていると、幸田の実家近辺をあばれる君が紹介していました。
 
高千穂峰。天孫降臨の地として有名です。
霧島連峰の1つです。この霧島では、東日本大震災直前にも新燃岳が噴火し大変な降灰被害が発生しましたが、過去に何度も大噴火を起こしています。破局噴火すら起きています。
 
で、霧島連峰の近辺に神社を北斗七星「ひしゃく」の形に配置し、その噴火を鎮めようとしたのだそうです。これが番組の情報です。

インチキ縄文歴史観を粉砕する


 
前編より続きます。
 

 
エジプト考古学者の解釈を聞いても全然納得出来ないんですが(笑)、上の動画は面白かったです。ほらやっぱりそうだ、とスッキリしました。
複数分野の専門家を集めたロシアの調査団による、調査結果を取り上げています。

インチキ縄文歴史観を粉砕する

【ゴゴ通信】 2016/11/01
“韓国の海女文化がユネスコ無形文化遺産秒読み 登録勧告判定”

http://gogotsu.com/archives/22930
 
済州海女文化が10月31日、ユネスコ無形文化遺産の「登録」に勧告された。韓国の文化財庁がユネスコ人類無形文化遺産の代表リストに登録申請したことを、ユネスコ側が審査した結果だとしている(以下略)

 
またか、と脱力します。

インチキ縄文歴史観を粉砕する


 
前編より続きます。
 

【カイカイ反応通信】 2016/10/03
“韓国人「世紀の大発見!稲作は韓国から日本へ伝播したことが明らかに」”

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/49687530.html

 
またいつものウリナラ・ファンタジー・・・・と笑い飛ばせない事情があります。
稲作伝播の件に関しては、日本の学者先生方にも大きな責任があるのです。
 
これまで日本の学者先生方は、
 

  • イネや農業技術は、大陸や半島の渡来人が日本にもたらした。
  • 彼らが紀元前3世紀頃、日本列島に大量流入し、あらたな農耕社会『弥生時代』が始まった。

 
と述べてきました。
板付遺跡の調査研究により、弥生時代の開始時期が若干繰り上がりはしましたが、ほとんどそういった歴史観を何十年も改めることなく放置してきました。
だからK国の学者が、平然とこんなことを主張出来るのです。