ドリームプラン・プレゼンテーション in 日向(余話)

2013/01/28

昨日の記事に、ちょっとだけ関連します。
ドリームプラン・プレゼンテーションの幕間に、いわゆるご当地出身シンガーの「SPIRIT」というコンビが歌を披露してくれました。
 
これがまた凄く上手い。最初の1小節2小節を聴いただけで、実力の程がわかります。
少なくとも歌の技量に関しては、メジャーアーティストにひけをとりません。
プロフィールを見ると、高校時代に同級生の女の子2人でコンビを結成し、今年で約10年。幾つかのイベントでグランプリを獲得しているのだとか。なるほど、と納得です。

こういうコンビにこそ、今後幸せな活躍の場が広がって欲しい、と思うんですよね。
ローカルでも、音楽に対する潜在的なニーズはあるはずなのです。それらを掘り起こせば、メジャーデビューせずとも相当に充実した活躍ができる、と幸田は思うわけです。
 
丁度昨日、地元発で九州一円に店舗を構えているホームセンター、ハンズマンに行きました。
ハンズマンの店内BGMは、オリジナルです。幾つか流れていますが非常に評判が良く、最近ではwebサイトからダウンロードできるようになっているようです。
 
いやまさにこれです。
企業活動やイベント企画等において、良いモノはメジャーでなくとも積極的に起用する。一般消費者の側も、メジャーであろがなかろうが良いモノは良いと認めることができて、素直に応援できる。
これが昨日も述べた、「成熟した社会」だと幸田は考えます。
 
大手芸能事務所やレコード会社とタイアップし、メジャーデビューする。全国各地で大規模なライブをやり、大量のCDを販売する。億単位のお金が動く。そういうビジネスモデルは、既に崩壊し始めています。
ごく一部を除き、数年を待たずして消えると想像します。
それに取って代わって、前出のSPIRITにような、ローカルの実力派に活躍の場が広がる。幸と富を得る。成熟度の高い社会ならではのビジネスを描く。・・・・
 
BizPlantは、そんな社会の実現を目指しているのです。