地デジPRは税金の浪費で市民感情に反する、という話。

2013/01/23

地デジのPRが、醜悪です。
 
テレビ画面のきたないこと。
上下にPR文が出ていて、最近はさらに「あと○日」とカウントダウンまで表示されています。
邪魔です。見ていてイラつきます。
 
CMも、凄い量ですね。
かなり前から、地デジという言葉を聞くだけで、気分が悪くなってきます。
一体どれだけ、くだらないPR予算を税金から捻出してるんだ、と思うと腹が立ってくるのです。もちろん他にもいろいろ理由はありますが。・・・・

バッサリぶった斬りますが、総務省も○○だと思いますよ。
どうせ、
「普及率が目標を大きく下回っている。PRが足りない。もっと予算をかけてCMを・・・・」
なんて考えてるんでしょうけど。
完全に、メディアやリサーチ会社に乗せられて、税金を浪費してます。
 
最初から、普及率100%を目指す必要なんて全然ないんですよね。
テレビが必要な人は、長い移行期間の間に買い換える。要らない人は買い換えない。それだけです。

あれだけ画面いっぱいPR文を表示して、ばんばんCMをうっていて、気付かないはずがないじゃないですか。
テレビが必要な人は、さっさと買い換えてます。もしくは充分に価格が下がるのを待って、買い換えます。
テレビは下らんから要らん、この際テレビは見ないことにする、って人は買い替えません。うん、賢明です(^^;
 
地デジなんて知らん。PRとかCMに全然気付かんかった、という人は、要するにそもそもテレビを必要としていない人なんですよ。
滅多にテレビを視ないから、気付かないんです。
そんな人たちに、必死で(しかもテレビを使って)PRして早く買い換えさせようなんて、考えるだけムダです。