工業団地造成と企業誘致より、もっと重要なことがある

工業団地というものが、全国いたるところにあります。宮崎県内にもたくさんあります。
多くは、ガラガラに見えます。
 
なぜ、工業団地を作るのか。目的はいろいろありますが、メインは県外企業の誘致だと思います。
ではなぜ県外企業を誘致するのか。
「雇用を増やし、地域を豊かにしたいからだ」
と思います。

ところがざっと眺めたところ、単純労働のみを必要とする工場等が多いようです。
 
幸田の住む県南みやこんじょには、いくつかIT企業が進出してきました。
しかしこれも、ITと言えば聞こえが良いのですが、その多くはコールセンターだとか製品テスト部門だとか、重要度が低く低賃金の雇用がほとんどのようです。
 
理由は、実に簡単ですよね。
企業が誘致に応じる時というのは、当然なんらかのメリットがあるからです。
候補地なんて全国どこにでもあります。ライバルだらけです。その中から敢えて宮崎を選ぶメリットとは何でしょうか。
 
気候が温暖。空気がきれい。水が豊富。広い土地が確保できる。・・・・
うん、苦しいですね(^^;
それだけのメリットなら、まだ日本にはライバルとなる候補地がたくさんあります。陸の孤島、大都市から遠い、というデメリットを跳ね返すには力不足です。
続きは「ひむか地域振興研究会」サイトで・・・・