ダイエットの極意は「不健康食品の排除」!? ー 中編

2013/11/22

前編より続きます。
 
 
 

ホントは怖い「カラメル色素」

ファストフードと大量のコーラ。肥満のイメージといえば、まさにこれですね(^^;
でも、どうしてこの組み合わせなのでしょうか。

幸田の検証によると、前編にて述べたグルタミン酸ナトリウム(化学調味料。以下MSG)とコーラの相性が、もの凄く良いのです。
 
大量のMSG入りの食べ物を摂取すると、舌の表面に残り、洗い流したくなります。また腹部に膨満感を覚えます。
この時コーラを飲むと、スカっとするのです。口内も腹部も。
 
ファストフードと言えば、MSGの代名詞です。粗悪な材料をごまかすため大量のMSGが入っています。だからこそよく売れています。
で、MSGへの感受性の高い人ほど、ファストフードへの依存が高まるのかもしれません。つまりファストフード、イコール肥満イメージです。かつコーラとの相性が抜群なのです。
こうして、太ったにーちゃんがハンバーガーとコーラを両手に抱えてにっこり、という絵が出来上がります(笑)
 
さてこのコーラ。
幸田もコーラが大好きです。30年前から意識的にローカロリー・コーラを飲んでいたので、何の問題もない、と思っていました。
ところが様々な害があることで知られる人工甘味料アスパルテームは、肥満にも悪影響を及ぼすそうなのです。インスリン分泌を狂わせるのだとか。
 
それからカラメル色素。コーラが黒いのは、カラメル色素が入っているからです。
このカラメル色素は、なんとインスリン抵抗性を高める働きがあるのだとか。
つまりローカロリー・コーラを飲むと、インスリン分泌がおかしくなる上に、効き目も悪くなるということです。以前は、
「コーラは砂糖がたくさん入っているから、飲むと太るよ~」
と説明されていましたが、砂糖だけの問題じゃないというわけですね。砂糖は入ってないからOKじゃん、とローカロリー・コーラを飲んでも、結局ダメということです。
痩せたきゃコーラもやめましょう。
 
ちなみにコーラ中毒の方。
試しに、前編にて述べたグルタミン酸ナトリウム抜き生活を実践してみて下さい。コーラ抜きでも耐えられるようになります。
 
 
 

なんとまあ小麦がダメ

幸田は20代後半から消化力が落ち、余程の空腹時以外、コメが食べられなくなってしまいました。
なので小麦系のメニューばっか食っていたのですが(笑)、これが良くなかったようです。

【陽光堂主人の読書日記】 2013/10/03
“『小麦は食べるな!』Dr.ウイリアム・デイビス著、日本文芸社”

http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-1102.html

確かに自覚はあったんですよね。お好み焼きなどを食べると、いつまでも腹部付近でくすぶっている感じが・・・・。
このブログ記事をみて、小麦系の食べ物を控えたところ、腹部の贅肉が落ち始めました\(^ ^)/
 
 
後編へ続きます。