日銀 新たな金融緩和策決定 当座預金金利マイナスに

日銀、とうとう「マイナス金利導入」だそうです。
 

【NHK NEWS WEB】 2016/01/29
“日銀 新たな金融緩和策決定 当座預金金利マイナスに”

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160129/k10010390301000.html
 
日銀は、29日まで開いた金融政策決定会合でこれまでの大規模な金融緩和策に加えて金融機関から預かっている当座預金の一部につけている金利を、マイナスに引き下げる新たな金融緩和に踏み切ることを決めました。・・・・(略)

 
ずっと経済学者らが提唱し続けていましたが、無視。
先日他国が実施したので、ようやく日銀も右へ倣えで実施(笑) いかにも日本らしいと言えますね。

ゼロ金利でさえ、本来の金融システムには存在しなかったものです。それがとうとう、ゼロを超えて「マイナス」なのです。
そりゃまあ数学的概念上は、金利の設定幅が減少すればゼロになるし、さらにその下にマイナスが存在します。リクツは間違っていません。
しかしシステム運用上のリクツとして、マイナスというのは完全に想定レンジを逸脱しているのです。異常事態です。
 
アナタはお客さんに対し、
「利益は要りませんから、原価でこの商品を買って下さい。いや、むしろこちらから手数料をお支払いしますから、是非とも買って下さい」
と、揉み手擦り手で(笑)頼み込む。
そんなこと絶対やらないですよね。これはもう、ビジネスとして成り立っていません。マイナス金利とはまさにそういうことなのです。
 
そもそも、金融(政策)機関が市中に現ナマをバラ撒きさえすれば、それで経済はうまく動くのでしょうか。
 
そんなはずはありませんよね。現在の経済状況は、経済構造や体質などの問題、国家財政悪化の問題など様々な要因の「結果」として生じています。
そこを根本的に改めない限り、いくら市中に現ナマをばら撒こうが「カンフル」でしかあり得ません。手持ちのタマを撃ち尽くした瞬間に、破綻するしかないのです。
 
また、日銀に「際限なく現ナマをばら撒く権限」があるのでしょうか。
現ナマの原資は日本政府の借金です。日本政府の借金は、私達一般市民が後々返済していく義務を負います。
つまり日銀は、マイナス金利を導入してまで市中に現ナマをバラ撒き、私達の「将来手にするはずの富」を際限なく食い潰していっているわけです。
「今さえ良ければ、後は知らん」
(^^;
私達一般市民は、そんなデタラメな政策を望んでいますか!?
 
日本の経済状況は、経済システムは、既に破綻しているのです。
もっと早い時点で、それを何とかすべきでした。しかし無策のまま放置し、金融政策というカンフル措置、その場しのぎの措置だけで延命していたのです。
そしてそれすら効果がなくなり、とうとう想定外の最終局面に突入した。これが本日の「日銀マイナス金利導入」です。
 
私達は、早くそこに気付かないといけません。
「黙って放置していると、自らの幸や富がどんどん減少する」
と。現在の状況がまさにそうですし、今後もさらにその状況が進行します。悪化し続けます。
一刻も早く、打開の気運を盛り上げるべきだと幸田は強く感じます。