冬季五輪狂想曲(カプリチオ) - その2

【聯合ニュース】 2018/02/11
“[平昌五輪]文大統領「五輪でなければ同席難しい」 安倍首相ら日米朝首脳級が一堂に”

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2018/02/09/0900000000AJP20180209006000882.HTML

「平昌五輪でなければ同席するのが難しい方々もいるが、われわれが一堂に会し、共に選手たちを応援し未来について話すことができることが重要だ」と述べた。また「われわれが共にいるという事実それ自体が世界平和に向かって一歩近づく大切な出発になるだろう」と強調した。

 
平和の象徴と嘯く国際スポーツイベント。
茶番イベントをダシにして繰り広げられる、しょーもない外交。――

【ハンギョレ】 2018/02/10
“ペンス米副大統領の非礼…キム常任委員長を除いて握手し歓迎式場を後に”

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/29751.html

ペンス副大統領の欠席で、キム・ヨンナム北朝鮮最高人民会議常任委員長との初の朝米首脳級の遭遇もなくなった。事前に調整された首脳級要人の公式行事で、予期せぬ波紋を広げたペンス副大統領の行動は、外交的な常識を外れた非礼と言える。平昌五輪を機に、ペンス副大統領とキム・ヨンナム常任委員長が顔を合わせることで、今後の朝米対話に連結しようとした文大統領の構想も難関にぶつかることになった。

 
遭遇、すなわちハプニングを演出し両者を引き合わせようとした。しかし米副大統領はそれを上手く回避した。
そりゃ当然ですわな。
 
それをお隣K国のマスコミは、「約束の破棄」だとか「非礼」だと曰います。
どこぞの先進国のマスコミに輪をかけて、アホですな。
そもそも五輪には、政治を持ち込んではいけないというルールがあります。お隣K国は、トップがそれを堂々と破っているわけです。実にしょーもない。――
 
いや、某冬季五輪主催国だけをアホだと言うつもりはありません。
 
五輪を誘致しようと国民を扇動し、税金を浪費し誘致。
開催権を獲得したらしたで、さらなる税金を投入し各施設を建設、整備。
「五輪経済効果」というウソを吹聴しまくる。本大会終了まで国民にウソを突き通し、非日常的幻想を見せ続ける。
親善外交と嘯き、税金を浪費し海外のVIPを歓待。……
 
どこぞの先進国もまた、同レベルです。隣国を笑っている場合ではありません。
 
それ以前に、好き勝手に国際関係を引っ掻き回し、エゴ丸出しで利益誘導しておきながら、茶番イベントにのこのこ集合する、各国のVIP達。
インチキ国際スキームを創出し維持し続ける、先進諸国。――
 
何もかもが噴飯モノで、ニュースを眺めつつ溜息が出ます。
先進国だなんて、一体何の冗談ですかね(^^;
 
いつになったら私達日本人は、正気を取り戻すのでしょうか。
世界に対し、
「アホ抜かせ!!」
と喝を入れる日は、やって来るのでしょうか。