にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 経済ブログ 実体経済へ

え~っ!! 幸田の書いた小説がR18だって~っ!?(滝汗)

幸田は事もあろうに、一昨年秋より小説執筆にも手を出しています(^^;
昨年末より発作的に、幸田のご先祖様を主人公とした小説を書き始めちゃったりなんかしちゃったりしています。
 
で、先日掲載サイトの運営様より、なんと、
「R18相当の描写が複数見られる」
とのご指摘を受けました。
 
まぢかよぉ~っ!?(滝汗)

 
 

長い「表現の自由」闘争史が存在する

今日頻繁に見かけるR18規定。――
憲法21条「表現の自由」を侵害しています。
 
明治憲法でさえ、29条において言論、著作、印行の自由を保障していたんです。
ところがそれを社会が認識しておらず、制限していた。クリエイター達は「チャタレー事件」や「悪徳の栄え事件」等を通して権利獲得のため闘った……という歴史があります。
 
今日の安易なR18規定は、そういった歴史に逆行しているんですよね。
クリエイターから見れば立派な、憲法の保障する「表現の自由」という権利の侵害にあたります。 
 
 

長い「表現の自由」闘争史が存在する

最近はクリエイターの活動を支援するサイトが多数存在するようですが、運営者はそういった歴史であるとか権利意識を充分認識した上で、運営ポリシーを掲げて頂きたいものです。
 
そもそも未成年が性的描写を目にしたからといって、それが、
「青少年の健全な育成に悪影響を及ぼす」
なんて証拠、研究成果が、どこにありますか?
幸田が不勉強なせいかもしれませんが、まだ見たことがありません。
 
いや、確かに「宮崎勤事件」等のようなケースも、少なからず存在します。
しかしそれは、
「すべからく未成年が、性的描写に触れて悪影響を受ける」
という証拠にはなりませんよね。
「あくまで当事者個人の特殊事情、経緯」
に過ぎません。
 
確たる根拠やポリシーがあってR18規定を設けているのであれば、クリエイターとしてそれを尊重すべきでしょう。
でも現実はどうでしょうか。
 
 
 

掲載先を変更致します

幸田は執筆にあたり、R18規定にも充分配慮しました。
とことん婉曲表現に徹し、時に詩的に(?)、時に笑いへと(!?)筆先を自在に振りつつ、自由で豊かな文芸の妙に拘ったつもりなのですが。……
 
それでもサイト運営様より、前述のご指摘を頂戴しました。一方で、なぜ幸田の作品をR18相当と判断したのかという根拠、判断基準を、明確に示して頂くことが出来ませんでした。
 
というわけで、拙作の掲載先を別サイトに変更致しました。
今後は新たな掲載先にて連載を継続しますので、そちらの方でお楽しみ頂ければと思います。
 

【カクヨム】
“転生無双!! チン説弓張月  ―― 1192つくろう、ナニ幕府!?”

https://kakuyomu.jp/works/1177354054888582316
 
ここは何時(いつ)? オレはどこ? 今は誰!?
高校3年、バスケ部所属ただし万年補欠、全くうだつの上がらないオレ。ダンプに轢かれ、享年17歳。
……と思ったら、謎の時代に転生。
 
時は、推察するに平安末期か鎌倉か。11歳の少年に転生したのに、既に身長は180cm。シモの毛はモッサモサ(笑)
 
日々の生活は意外と楽しい。弓、馬術、剣……と何をやっても秀でてしまう。
周囲は無学だらけで、ちょっと本を読み漁っただけで秀才扱い。
誰に転生したのか不明のまま、オレはわずか12歳にして「剛力無双の英傑」と噂され、たった5年そこらで九州全域を平定してしまう。そして……。
 
我が国の歴史上屈指のヒーローが無双。今、新たな中世史が開拓される!!
幸田蒼之助が今、自らのご先祖様を主人公とし、好き放題美化しまくって描く(ん!? 何か問題でも?)

 
昨今よく見かける「逆行転生モノ」ですが、主人公の高校生「オレ」君は、自分がどの時代の誰に転生したのか分かっていません。
ですので逆行転生者としてのアドバンテージを全然活かせませんが、それでもフツーに動き回っているだけで何故か大活躍してしまう(笑)……という物語です。
 
SFまがいの設定の癖して、歴史小説チックに書いています。
少しでも多くの方にお読み頂きたいと思っています。新たな掲載先にてよろしくお付き合い願います。