にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 経済ブログ 実体経済へ

ほら見ろ!! やはり空気感染の懸念が(滝汗) 2019新型コロナウイルス ー その6

2020/02/11


 
一昨日、こんな記事を書きました。WHOソースの新型肺炎感染者数データ、日本の感染者数が突然減ったぞ……と(^^;
 
なんじゃそりゃ!? もしや日本政府がWHOに、
「豪華クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス船内の感染者数は、日本国内のカウントから除外してくれ」
と頼んだんじゃないか、と邪推したわけですが(笑)

その後、日本政府が突然、WHOに1,000万ドル貢いだという記事を発見。
しかもマスコミがこれを全然報じていないのだとか。

【情報速報ドットコム】 2020/02/07
“日本メディアは報道なし?日本政府がWHOに1000万ドルの拠出へ テドロス事務局長が感謝表明”

https://johosokuhou.com/2020/02/07/25199/

おいおいおい。やっぱそうじゃねえの!?、と思っていたところ、

【情報速報ドットコム】 2020/02/08
“【新型肺炎】WHOが見直し、日本の感染者数86人⇒16人に変更 クルーズ船やチャーター機は特別枠へ”

https://johosokuhou.com/2020/02/08/25254/

ほらやっぱり……(苦笑)
 
そりゃもう、安倍政権にとっちゃぁ命取りになるんですわ。
中国に次いでダントツの2位なんですから、完全にここ2週間ばかりの対応を誤ったという事実が明々白々なわけです。
だから必死でWHOを口説かざるを得なかったし、1,000万ドルの拠出をも厭わなかったということでしょうね。
 
幸田はここ3週間、色々とネットで情報収集しているわけですが、国立感染症研究所のドキュメント類も一通り目を通しました。
「むやみに恐れるな。手洗いうがい、マスク装着、アルコール消毒で対処しろ」
と書かれています。
 
しかし先日の記事にも書きましたが、マスクなんざ役に立つ筈がないんです。
またドキュメントからは、アルコール消毒の有効性に関するエビデンスが見当たりませんでした。どうせ検証すらしてないんでしょうね。
ですから、ましてや手洗いうがいなんてものでは防ぎようがないんです。感染の確率を多少減らせるかも……といった程度でしょう。
 
ですが医療関係者さえも、この国立感染症研究所のドキュメントを信頼するのみで、自力で情報収集や分析なんてやっちゃいないんでしょう。……
だから総じて甘いことばかり言っていて、また実際の対応も甘いのでしょうね。
で、とうとうこんな記事が登場しましたよ。

【情報速報ドットコム】 2020/02/09
“新型コロナウイルスで空気感染(エアロゾル感染)を確認と中国当局!非接触でも感染リスク!BBCも報道”

https://johosokuhou.com/2020/02/09/25281/

ほら見ろ……!!
さて、国立感染症研究所はどう責任を取るんでしょうか。御用学者共の責任は非常に重いですよ。
各種ドキュメントを読めば、彼らが如何に杜撰な仕事をやっているか、バレバレですから。
 
ただ、ここにきてひとつ、大きな疑問があります。
 
中国の湖北省武漢市が封鎖されたのは2020年1月23日の事でした。本日(2020/2/9)でそろそろ3週間経過します。
武漢市は1100万都市です。それを封鎖するんですから、中国も思い切った事をするものです。それどころか以降次々と大都市を閉鎖していますから、如何に事態が深刻なものであるか、容易に推測がつくというものです。
昨日はとうとう、深センまで封鎖したというニュースが流れました。深センと言えば人口1300万人。世界有数の株式市場のある、経済的にも極めて重要な都市です。
 
そういった重大事態が進行する中、日本政府は中国人の入国や移動を許容していたわけです。制限し始めたのはここ数日に過ぎません。
ということは、新型肺炎の潜伏期間を考慮すると、日本国内でもそろそろン百人規模で感染者が発生しそうなものですよね。
しかし今のところ、そういう様子はありません。
これはどう解釈すべきなのでしょうか。
 
リスクをもう少し低めに見積もり、警戒レベルを一段階下げても良い……という事なのでしょうか。
 
いや、幸田にはひとつ、引っかかる点があります。即ち国立感染症研究所のドキュメントに書かれている、判断基準の甘さについてです。
つまり新型肺炎患者である可能性を判断する基準として、最終判断を現場医師に委ねるとはしていますが、
「武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」
と記述しているのです(現時点の最新版Docが2020/1/21)
 
中国への渡航歴有無だとか、感染者との接触を疑われるケース……ではないんですね。呆れる程、提示している基準が甘アマなんです。ザルなんです。
その結果驚くべき事に、外国人旅行客と接触する機会の多い空港勤務者さえ、保健所に新型コロナウィルスの検査を求めるも拒否された……なんて事態が発生しています。
他にも似たような話が幾つか流れていますね。
 
だから、本日現在想定される感染者数より大幅に下回っている……という可能性、無きにしもあらず。
 
全てにおいて、モラル欠如を痛感させられます。モノ考えぬバカの横行を痛感させられます。
この国はこの先、どうなるのでしょうか。