景気対策と経済対策は別モノなんだけどなあ ・・・・

2017/06/08

【時事ドットコム】2012/10/17
“野田首相、経済対策策定を指示へ=17日に臨時閣議”
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012101600970

 
景気対策と、いわゆる経済対策は別モノです。
この記事はそれを混同しています。
 
記事がそれを混同しているというより、政治家や官僚も混同しているからこそ、結果的にこんな記事が書かれるのだろうと想像します。

ちなみに幸田の考える景気対策とは、小手先の刺激策です。カンフルです。
経済対策というのは、もっと抜本的な、経済構造の変革を促すような施策等を意味します。
 
日本政府は既に20年ばかし、カンフルばかり打ちまくってきました。
その20年ばかし前からわかり切っているはずの話ですが、本当に必要なのは経済対策の方です。
つまり処置が間違っています。どうして20年もそれが改まらないのか、実に不思議です。
 
まあ、おそらくは利権の問題なんでしょうね。
 
景気対策の方がオイシい利権にありつける。だから経済対策を景気対策にすり替えて、予算を獲得しバンバンばら撒く。
 
「何かおかしい。筋が通らない」
と思った時は利権が絡む。これは1つのセオリーだと言えるかもしれません。