戦争が起きるぅ!? んなわけないでしょ(^^;

2013/01/23

最近やたらと、某国と戦争になるかもしれない、といった論調を見かけます。
バカバカしいので無視しましょう。九割九分、戦争にはなりません。
 
そういう論調に煽動されガタガタ怯えるのも、外交上極めて大きなマイナスになります。やめましょう。
 
某国だって、ホンネは戦争なんて絶対にやりたくありません。経済的負担は大きいし、死者が出ようものなら支配体制が揺らぎかねません。

よほど明確な、
「我が国の方が正しいんだぞ」
という正当性があって、しかもそれを事前に国際社会に対しアピールできない限り、極めて大きなバッシングを食らいます。
もちろん某国に、そんな下準備はできていませんよね。
それでも敢えて強行した場合に被る、政治的経済的打撃を考慮すれば、戦争なんて到底できないのです。
 
国と国とが真正面からぶつかる「戦争」というのは、双方にとって莫大なエネルギーを要し、また莫大な犠牲やリスクを負うわけです。
ですから九割九分、戦争は起きません。まず、前提としてそれをご理解下さい。
 
現在の日本人は上から下まで、ガキんちょの頃からケンカを知らないし交渉のスキルを持ち合わせていません。
だからひとたび、某国がちょっと片腕振り上げて大声を上げると、途端にガタガタ震え出します。胆力がありません。困ったものです。
 
戦争という最悪の事態は、まず起こり得ない。某国は日本人の弱腰を充分承知した上で、ギリギリのところで脅しをかけているだけだ、と理解し、泰然自若としているべきです。
 
丁度ヤ〇ザが、机を蹴飛ばしたり書棚の本を床にぶちまけたりして一般市民を脅してみせるのと同じ構図ですね。
実際には暴対法にがんじがらめになっていて、一発たりとも一般市民を殴ることはできません。ですから私達はそれを見透かして、落ち着いて対処すればいいのです。
 
尖閣問題だって某国は結局、実力行使といっても艦船を派遣しうろちょろさせるのが関の山です。
もう1ヶ月以上経過しますが、それ以上の事態に至っていないのはみなさんご存知の通りだと思います。現実問題として、某国だってそれ以上の手段を持ち合わせていないわけです。