続報なし: 都城市に福島の汚染がれきが持ち込まれ、焼却が始まっている!?

2013/01/23

先日、こんな記事を書きました。
それから丁度1ヶ月経過しましたが、続報なしです。
 
ただ、昨日 Twitter にてこんな数字を見かけました。
 
[にゃ氏 @perikobi]
https://twitter.com/perikobi
 
幾つか写真がありますので、表示してみて下さい。
エステーの線量計片手に、宮崎市内のあちこぢで線量を測定されているようです。
不鮮明ながら、場所によっては0.4μSv/hなどといった数値が出ているようです。

例えば中部大学武田邦彦教授の説では、
「空間、食料や飲料など諸々からの被爆量を合計し、法律の定める年間限度1mSv以内に抑えるためには・・・・」
という条件で、
「空間線量は0.11μSv/hあたりが上限となるだろう」
とのこと。
 
武田教授の説に拠るなら、にゃ氏(@perikobi)の測定値0.4μSv/hでは、法律の定める年間限度を超えるレベルだと言えそうです。
つまり、「南国宮崎は安全だ」と楽観視していられる時は過ぎたのかもしれません。
 
というわけで、悩みましたが私もとうとう、線量計を買いました。
遅かれ早かれ購入することにはなるだろうと考えていましたが、ちょっと早かったですね。
でも身近なところで0.4μSv/hなんて数値を見たら、さすがに気になります。
 
注文したのは、コレ。
とりあえず格安の線量計です。高額の機材と同等の数値が出る、という評価を信じて購入。
 
果たして噂の宮崎県みやこんじょ市で、どんな数値が見られるやら・・・・。