霧島新燃岳の噴火

2013/01/23

霧島新燃岳の噴火で、非常に迷惑しています。
 
火山灰が凄いんですよね。一昔前の鹿児島みたいな状況です。
私は喘息持ちなので、大変です。早々から変調をきたしております。
 
火山灰は、ケイ素というガラス質です。
目に入れば目が痛いし、吸い込めばアレルギー体質の人は咳き込みます。
灰に届けば喘息が悪化します。

むやみに外出できません。
 
この時期の南国宮崎は快晴続きです。
快晴の市内を、1時間以上ぶらぶらと散歩しながら、市中の様子を眺めたりビジネスのアイデアを練る、というのが日課でした。それが出来なくなりました。
日光浴ができない、というのも変調をきたしている理由の1つでしょう。
 
洗濯物も布団も、外に干せません。
 
まあ、まだ私の場合、都城市の中心部に住んでますから、影響が比較的少ない方なんですよね。
同じ市内でも、霧島の麓付近にお住まいの方々は、本当にお気の毒です。
 
丁度最初の噴火直後だったと思うのですが、たまたまホームセンターに行きました。
お店に入ろうとすると、買い物を終えて出てくるお客さんが、ことごとくトンボを抱えているんですよね。
トンボってご存知ですか。グランド整備に使う、例のT字型の器具です。あれが飛ぶように売れているんです。