アレルギー症状は「鼻呼吸」で改善する!!

2013/04/07

アレルギー体質は“口呼吸”が原因だった―ぜんそく・アトピー・花粉症
西原克成著


 
探していたものが、見つかったような気がします。

以前、こんな記事を書いたことがあります。
つまり、
「酷いアレルギー性鼻炎のせいで鼻呼吸できず口呼吸になってしまい、これが原因で喘息が悪くなるのでは?」
と想像し、鼻の手術を受けたら、思った通り喘息が改善したことがあるのです。
 
また数日前にも、こんな記事を書きました。
鼻の手術を受けたと言っても、軽い鼻中隔弯曲があるため理想通り完治しているわけではなく、右側の鼻の通りはイマイチなんですよね。
で、点鼻薬を使い、鼻をかんでみたところ、不定愁訴がみるみる改善した上に気管支までラクになったんですよ。
ほんの数分でのことです。
 
この本では、まさにそんな私の体験を裏付けるようなことが、書かれています。 
いわく、「アレルギー体質は口呼吸が原因」と。
あ、タイトルそのまんまだ・・・・(笑)
 
要するに口呼吸のため病原菌がストレートに体内に飛び込む、と(鼻呼吸なら、鼻のフィルター機能が菌を遮断)
これがまず、諸悪の根源だと言うのです。
<  また口呼吸だと睡眠も阻害されるのだそうです。 睡眠時無呼吸は口呼吸が原因(これは私も体験)。口呼吸のせいで寝相が悪くなり、睡眠の質も低下するし顔や姿勢もゆがみます。 そして長期的な睡眠の質の低下が、体力の低下を招きます。
加えて現代の日本人は、冷たい飲食物を摂り過ぎ、腸や内臓の機能が低下しているそうです。
 
それら諸々の条件が原因となり免疫力の低下を招き、アレルギー症状が生じるというのです。
書かれていること1つ1つが、自身の体験に照らし合わせて納得できます。