毒舌企画!! 「常識のウソ」

前編より続きます。
 
 

自分で検証する

なぜアトピー症状が出るのか。ちゃんと原因を自分で検証しましょう。
一番怪しいのは、やはり皮膚コンディションに直接影響するシャンプー、ボディソープ、それから洗濯用洗剤などでしょうか。
ご自身の皮膚に合わない製品を使うと、途端に症状が悪化します。

毒舌企画!! 「常識のウソ」

某まとめサイトで、アトピーに苦しむ女性の話を読んだため、居ても立ってもいられなくなりました。
日々辛い思いをされている方々にとって、多少なりともお役に立てればと願いつつ、幸田の経験及び持論を書きたいと思います。
 
 
 

幸田のアトピー時代

幸田はアレルギー体質で、ガキの頃から酷いアトピー持ちでした。
特に今のような暑い時期は、顔、首、手足の関節裏側、尻と太ももの境あたりの汗をかきやすい箇所にアトピー症状が出ていました。猛烈に引っ掻いて爛れたような状態になり、酷いものでした。

歴史ってすっげ~面白い, 国際社会と「日本人の矜持」

前編より続きます。
 
 

日本は一貫して「防衛側」である

日本は幕末以来、
「欧米列強の帝国主義から東アジアを如何にして防衛するか」
という課題を掲げて、富国強兵、殖産興業に力を注いできました。
 
敢えて繰り返しますが、あくまで「防衛」なのです。
日本は地政学上、単独での防衛が困難です。ですから清、朝鮮と連携し東アジアを守ろうと考えました(それが叶わなかったのは皆さんご存知の通りですね)

歴史ってすっげ~面白い, 毒舌企画!! 「常識のウソ」

1994年のコメ不足

大学受験に何度も失敗し浪人の長かった幸田は、1993年にようやくFラン大学呆学部に入学しました(恥)
 
南九州大水害の年でした。鹿児島のJR竜ヶ水駅が大雨による土砂災害で流され、鹿児島市が水没(^^; 毎日電車が停まって、通学に難渋しました。
「規定雨量を超えましたので、電車が停止します」
と、野生ザルが出没するような深い山中の信号所で、電車が2時間も停まるのです。エアコンも止まり、サウナ状態の電車内で呆然。
 
そんな日々が続き、
「ただでさえ通学に4時間以上要するのに、それ以上のロスに耐えられるか~っ!! 心身共に限界だ!!」
と、親父を説得し大学近辺で1人暮らし開始。