おバカがはびこり腐臭プンプンの「亡国日本」 2019新型コロナウイルス ー その15

2019新型コロナウイルス

PVアクセスランキング にほんブログ村

新型コロナ、1日あたりの新規感染者数が3,000人を超えてきました。

1月末、2月上旬と比べれば、色々と情報や知見も増えてきています。
他国においては依然として猛威をふるっているようですが、日本人への影響は何故か極めて限定的なようですね。
夏場の国内感染者数は激増しましたが、それも多くは(日本人ではなく)外国人だったようです。

そういうわけで楽観論が蔓延していますが、あらためて整理しますと、

  • あくまで新たなウィルスである。まだまだ不明な事だらけ。
  • 突如重症化し、あっという間に死に至る。また軽症であっても多くの後遺症の報告がある。
  • ワクチンも特効薬もない。ワクチンはそろそろ供給されそうだが、その安全性に関しては不明。
  • なぜ日本人だけ影響が軽微なのか、未だ不明。
  • ウィルスの変異は早い。いつまでもその影響が従来のまま(日本人への影響は軽微)とは限らない。

という前提を考慮すれば、まだまだ楽観して良い状況ではない筈なんですよ。

以前も書きましたが、ウィルス対策というのは、

  • 感染者の徹底的隔離
  • ウィルスの徹底的な封じ込め

がセオリーなんです。今のところ、これしか有効な手立てがないのです。
これをとことん追求し、成功した例が台湾の政策です。

一方、日本政府がいかにバ○か、よく判りますね(^^;
ほぼ、無策ですよ。だから全部、後手後手。
外国人の入国を遮断しない。GoToなんて見当違いの経済対策を実施する。で、案の定感染者急増し、今更ながら慌てふためくのみ。
お隣に台湾という素晴らしいお手本があるのに、何も学んでいません。

で、自らの失策を糊塗すべく、御用学者を使って火消しを試みる。
が、狂大の某准教授による火消しは、議論の巧者2chひろゆき氏の反撃を食らい、失敗(笑)
そうそう。狂大といえば、他にもおバ○な教授が妙な事を言ってましたね。

  • 新型コロナは2019年時点で既に、弱毒性のものが中国で流行っていた。
  • 多くの中国人が感染し免疫を獲得していたし、それが日本にも流入し日本人も免疫を獲得していた(エビは?)
  • それが2019年末、突如変異し、強毒化したウィルスが中国で蔓延。2020年にかけて大流行した。
  • そして日本に流入したが、その時点で昨年来のウィルスの集団免疫を、日本人は獲得していた。だから日本人への影響は限定的だった。

【NEWSポストセブン】 2020/05/21
“国内日本でコロナ死亡者が少ない理由「1月中旬に集団免疫獲得」説”

https://www.news-postseven.com/archives/20200521_1564942.html?DETAIL

弱毒性ウィルスに対する集団免疫を日本人が獲得出来たのであれば、何故、先行する中国でとてつもない大流行が発生したのか。
中国人は集団免疫を獲得出来なかったのは何故か?
弱毒性ウィルスの集団免疫を獲得出来れば、強毒性ウィルスにも抵抗し得るのか?

まあ、論理的におかしいんですよ。

そうそう。狂大だけじゃないですよ。蕩大の、マスクに関する調査研究の発表もおかしい。

【朝日新聞DIGITAL】 2020/10/22
“マスクやはり効果あり 東大が新型コロナと人形で実証”

https://www.asahi.com/articles/ASNBP73F6NBPUBQU008.html

この発表を読まれた方、沢山いらっしゃると思いますが、疑問を抱きませんでしたか?
幸田は首を捻りましたよ。
「各記事とも、検証時間に関する記述がない。一体、何時間後のデータなのか?」
と。……

結局、わざわざ当該論文を探してざっと確認しましたよ。

なんと、検証時間わずか20分でした(苦笑)
つまり、例えば布マスクだと、わずか20分の検証にもかかわらず20~40%しか防げないらしいんですね。ほぼ無力ですよ。
サージカルマスクも、ほぼザル。N95マスクでさえ完璧ではない。

現状はと言えば、誰もがマスクを付けて何時間も日常生活をおくっているわけですよね。かつ感染者はどこに居るか分かりにくい状況です。
って事は丸1日、会社などで仕事していたり、或いは病院等に勤務していたら、まず間違いなく感染してしまうじゃないですか(^^;

検証時間、わずか20分。(一般的に使用されている)布マスクだと20~40%しか防げない。
それを「効果あり」と発表しているんです。○カでしょ!?(苦笑)
「マスクの影響は確認された。ただしその効果は極めて限定的」
が、適切な結論じゃないでしょうか。

日本の上層部は、もはやバカだらけなんです。
大阪や北海道で医療機関がパンク状態なのに、政府与党は全く動かず。
しかし内閣支持率が急落したので、やっと慌ててGoToトラベル一時停止する……という体たらく。
戦略も計画もあったもんじゃない。全てが後手後手の、老害国家。腐臭プンプンの国家崩壊状態。……

勿論、バカは政治家や官僚だけではありません。学者も同罪です。特に御用学者。
政府にろくな提言も出来ない。それどころか政府の手足となって、彼らの失策を糊塗する。……
ホントに、我が国は遠からず滅びますよ。

折しも隣国アメリカでは、大統領選を契機に金融、アカデミズム、司法立法行政……とあらゆる分野における深刻な腐敗状況が露呈しつつあります。
トランプ大統領を中心に、そこへ本気で切り込もうという情勢です。

日本にも、その機運が波及することを願っています。
いや、そんな他力本願な物言いじゃダメですね。日本人もアメリカ国民の心意気を見習うべきです。そして覚醒し、日本を立て直そうという意識を持ち全員が立ち上がるべきだと思います。