中小企業が独自の車を企画し、組立販売する時代がやってくる!?

2017/06/08

【SankeiBiz】2012/9/29
“トヨタなぜHV戦略にこだわるのか EVと距離を置く理由とは?”
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120929/bsa1209291931004-n1.htm

 
かつてパソコンも、一般的な電気製品同様、大手メーカーだけが製造販売できるようなシロモノでした。
ところがある時IBMが、自社技術ゼロ、オール他社部品の組み合わせだけで、IBM/AT規格のパソコンをリリースしました。
 
この時、ビジネス史に残る一大革命が起きました。中小企業はおろか個人企業やショップまでもが、オリジナルブランドのパソコンを販売できるようになったんですよね。
 
部品は全部、買い集めてくればいいのです。
組み立ても、技術不要。プラモデルより簡単で、1時間もあれば組み上がります。最後に、自社ブランドのロゴマークを付けて販売するだけ。
 
新たなビジネスモデルの誕生、というより「発生」といった感じでした。
 
前出の記事を読む限り、自動車産業でもこの時と同様の状況が起きつつあるようです。
大手自動車メーカーによる垂直統合型の開発製造モデルが崩れ、部品を全部、バラバラにかき集めてきて車を組み立てることが可能となりそうなのだとか。
 
つまり大手メーカーでなくとも、中小企業が販売戦略を立て商品を企画できるわけです。
それを小規模の整備工場に委託して組み立て生産し、様々なチャンネルを組み合わせて流通、販売する。
そんなビジネスモデルが「発生」する、と想像します。
 
個性的なデザインの車が、たくさん出回るでしょう。価格破壊だって起きるかもしれません。
楽しい時代がやってくる予感がします。