無駄な検査と意味不明の請求で病院代薬代がバカ高かった、という話

2013/01/23

体調が悪く、病院に行きました。
インフルエンザの検査をする、と医師に言われました。断れませんでした。後悔しました。
 
インフルエンザの可能性は低い、と思っていたんですよね。
手持ちの抗生剤を飲んで、ちゃんと効いていました。インフルエンザはウィルス性ですから、抗生剤を飲んでも効きません。だから単なる細菌感染だと想像しました。

体調がおかしくなってからの経緯や、過去の状況など、ざっとまとめて簡単なレジュメを作り、それを提出して医師の診断を仰いだのです。
にも拘らず、
「インフルエンザの検査をしましょう」
だったんです。
 
体調不良自覚後、既に4日経過していることを考慮しても、インフルエンザの可能性は低かったんですよね。インフルエンザの潜伏期間って、丁度4日程度だそうです。
なので、仮に検査を受けなくても、大目に見て1~2日も待てば、どうせ判明するわけですよ。つまり検査するメリットってのは、
「インフルエンザに罹っているかどうか、1~2日早く判明する」
というだけなんですよね。
 
しかも、もしインフルエンザだと判明しても、どうせ処置ナシなんです。
タミフルを処方されたとしても、拒否します。タミフルってのは所詮、発症期間を1日程度縮められるかもしれない、という程度の効果しかないらしいですね。効果についても副作用リスクについても評価が甘すぎる、と丁度数日前のニュースで言っていました。そんな薬を飲む気はありません。
 
というわけで、
「おかしい。無駄だ」
と首を傾げつつ、それでも検査を断り切れなかったかった私は実にバカでした(T_T)