実録・自衛隊パイロットたちが目撃したUFO


 
内容は一般的な、UFO目撃例紹介本です。
1点だけそれらと毛色が異なるのは、著者が元自衛隊のお偉いさんだということ。

  • 一般人は地上から目撃するため、単なる航空機や自然現象をUFOと見間違う確率が高い。
  • それに対し(航空)自衛隊員は、航空機内から比較的至近距離で目撃している。相対的に誤認率が低い。
  • レーダーなどの各種機器に囲まれているため、色々と検証し易い。

といったメリットがあるため、目撃例としての質が高いと言えるでしょう。それこそがこの本の価値だと思います。

筆者は再三、「UFOはalien craft」という先入観を持ってはいけない、といった主旨の発言をしています。しかしながら筆者自身が、そういう主観で見ていることがよくわかります(笑)
 
おいおい、と思ってしまうわけですが、ラストでその矛盾の理由が判明します。
 
筆者のお知り合いに、いわゆる「宇宙人コンタクティ」がいらっしゃるらしいのです。
神主さんで、地元では超能力者として有名なのだそうです。
そのお知り合いより、
「宇宙人から予言を受けた」
と、自衛隊機の連続墜落事故発生を事前に告げられたのだとか。
 
「アナタは司令なんだから、なんとか事故を回避できるよう頑張ってくれ」
と。
で、ほとんど何の手も打てないまま、実際に事故発生。
 
事故日、墜落機の機種、死者数までピタリと当たり衝撃を受けた、というのですから、そりゃもう、
「UFOはalien craftだ」
と確信を持って当然でしょう。
他にもオウムによる地下鉄サリン事件や、スマトラ大津波なども事前に聞いていた、といいます。
 
うひゃ~っ。
自衛隊員によるUFO目撃談より、そっちの方が面白そうじゃん(^^;
 
というわけで、なかなか興味深い本でした。