氷解!! 魏志倭人伝の謎 - 卑弥呼の墓が宮崎市にある!!

2018/02/03

その4より続きます。
 
 
というわけで、幸田説(笑)によれば邪馬台国は、現在の宮崎県宮崎市です。
 

【幸田蒼之助の休日】 2014/11/24
“邪馬台国は宮崎にあった!!”

http://offtime.sohnosuke.com/?p=10404

 

邪馬台国は宮崎県宮崎市ではないか!?

古神道の方々や、邪馬台国宮崎説を唱える数々のアマチュア研究家の方々は、
「邪馬台国は現在の西都原古墳群(宮崎県西都市)付近だ」
と主張されています。
しかし幸田は敢えて、宮崎市説を提唱します。

なぜなら宮崎市は、そのほぼ全域から古墳だとか、当時の遺物が出土するのです(西都原古墳群は邪馬台国時代より少々後に繁栄・・・・という印象を受けます)
宮崎市内の生目古墳群1号墳は、初期の大型前方後円墳(全長130m超)です。築造年代もサイズも、魏志倭人伝に記述されている卑弥呼の墓に相応しいのです。
 
この生目1号墳、各種の資料や文献ではあまり見かけません。ほぼ無視されているような印象を受けます。
たまに見かけても、「3世紀後半築造」と書かれています。しかし現地で研究されている方々は、
「いやいやもっと古い筈だ」
と密かに考えておられるようです。学会に遠慮して、それを強く主張し辛いようです。
 
これぞ正に前方後円墳のルーツ、という感じです。箸墓古墳の相似形で、サイズは1/2。畿内の大型前方後円墳に影響を与えた、と考えられます。
 
 
 

邪馬台国宮崎説には考古学的根拠がある

そうそう。卑弥呼の墓の候補はもう1つあります。
生目古墳群と大淀川を挟みその対岸、瓜生野という場所には、かつて生目1号墳と全く同じサイズ、同じ形の前方後円墳(笠置墳丘墓)が存在しました。残念ながら、道路工事によって既に破壊されています。
 
郷土のアマチュア研究家日高祥氏がいち早く、この古墳(石室がないので墳丘墓と呼ばれていますが)の重要性に気付き、保存と研究を行政や学者に訴えて回りました。
しかしほぼ無視され、破壊を余儀なくされました。ただ日高氏の涙ぐましい努力により、破壊前にある程度調査が為されています。それ(幾人かの学者に出土品の鑑定を依頼)によると、築造年代は3世紀前半或いは2世紀後半まで遡る可能性がある、とのこと。
 
つまり多くの方々の諸説と異なり、邪馬台国宮崎平野説には、考古学的に明確かつ有力な根拠が存在するのです。
 
 
 

宮崎は邪馬台国臭ぷんぷん

前述の地名「生目(いきめ)」。邪馬台国長官「伊支馬」に因んでいる、という感じがしませんか?
宮崎県中部には、「耳川」や「美々津」(奇しくも神武お船出の地)という古い地名が残っています。宮崎市西方の小林市には「ひなもり台」という古い地名が残っています。いずれも魏志倭人伝ゆかりの名称です。
 
また宮崎市は、
「都市は水量豊富な大河の注ぐ、肥沃な平野において発展する」
という歴史の法則にも合致します。
二毛作はおろか三毛作も可能ではないか、と言えるほど温暖です。
 
鉄資源も豊富です。
前述の日高氏の調査により、膨大な数の製鉄炉跡も見つかっています。その数、万単位(驚)
だからこそ、神武東征が可能だったのです。
かつ、神武東征後も大和朝廷をバックアップ出来たし、自らも繁栄し九州勢力を糾合し得たと考えられます。
 
 
 

宮崎県平野部全域で考古学調査が行われた

宮崎県は九州山地に遮られ「陸の孤島」と呼ばれています。今日、経済的発展から取り残され、ど田舎のままです(涙目)
皆さんご存知の通り、南北に長いです。高速道路も鉄道網も不十分で、最近やっと、待望の高速道路が開通しました。
 
しかし古代においては、これが逆に「地の利」となった、と考えられます。つまりどこからも攻められることなく、ひたすら強大な力を蓄えられた筈です。
高速道路「東九州自動車道」建設工事に先立って、そのルート上、県北延岡まで考古学調査が行われました。結果、全域から膨大な遺物が出土し、それが証明されました。
 
即ち宮崎には太古より、強大な国が存在しました。
だからこそ神武天皇が東征を果たせました。かつ長年にわたり、畿内大和朝廷をバックアップ出来ました。
また大和朝廷をバックアップしつつ、自らも強大な勢力を築くことが出来ました。
それこそが邪馬台国であり、九州倭勢力なのです。
 
 
その6へ続きます。