ゴキブリやセミの異常減少。まさか放射性物質のせい!?

2013/01/23

気持ちの悪い話題で、大変失礼いたします。
 
最近、ゴキブリを全然見かけません。
死骸を2つばかし、見ただけです。それも部屋の隅っこの、家具の陰で発見したので、いつからあったのかは不明です。
 
我が家は築年数30年強なので、毎年この時期になると、ほぼ毎晩と言っていいくらい見かけます。
それが今年はさっぱりなので、ありがたいことではありますが、でもずっと気になってるんですよね。

ネットでも、同じ指摘をされている方をちらほら見かけます。今年はゴキブリをあまり見ない、と。或いは異様に少ない、と。
 
ゴキブリはまだ、我が家の特殊要因かもしれません。
いや、特殊要因と言っても、特に何も心当たりはありませんが。・・・・
 
一番ハッキリ、異常だと指摘できるのは、セミでしょうね。
 
この時期の宮崎って、毎年凄い数のセミがいますよね。
雨が降っている間は大人しいですけど、雨が上がるなりみんみんシャカシャカ、こちらの頭がおかしくなりそうな位騒がしく鳴いているものです。
それが今年はどうでしょう。いや全然鳴いていないわけではありませんが、しかし例年と比べれば、びっくりするほど静かですよね。
 
実に不思議です。
で、こういうご時勢ですので、真っ先に放射性物質の影響というものを想像してしまうわけですよ。