2013/01/23音楽における大艦巨砲主義♪

ブルックナー 交響曲第5番
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮+ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
SACD


 
ファン待望の1枚です。
なにしろ御歳83のはずで、レコーディングを待っている側としては気が気じゃないわけですよ(^^;

2013/01/23ビジネス・起業

昨日「ほんまでっかTV」を見ていると、面白い話が出ていました。
 
あ、昨日と言いましても、なにしろ宮崎ローカル局のことです。
他所の地域では、既に何週間も前に放送済みのプログラムかもしれませんが・・・・(笑)
 
男が買い物に行って、気になる商品を見つけた場合、即座に
「あ、これは使い道がないから要らない」
とか、
「おそらく使用頻度が低いから、結局高くつく。要らない」
といった具合に価値判断を行います

2013/01/23ビジネス・起業

国家財政破綻については、10年以上前から語られてきました。
世界秩序の崩壊、特に中東リスクなどについても、やはり何年も前から語られてきました。
アメリカの凋落についても同様です。
 
いよいよ、それらの兆候が、誰の目にも明らかになってきています。しかもそれらリスクの多くが一気に。・・・・
困難の時代に突入するのは、もはや時間の問題だと思います。
 
さて、その困難の時代を、地方にて商売を営む零細経営者として、どう切り抜けるべきでしょうか
サバイバルのシナリオを、ちょっと考えてみたいと思います。

2013/01/23ビジネス・起業

私の会社は、ソフトウェア開発業です宮崎で、主に企業の業務システムを開発しています
 
会社の業務システムを1本、ゼロから開発するのは、物凄いコストがかかるんですよね。
大手の基幹システムなんてものは、何百億円規模になります。
 
例えば先日まで関わっていた、大手企業の補助システムは、50億円と聞きました。
基幹システムではなく、補助システムで50億円ですよ。
某グローバル開発会社が受注開発し、そのくせ品質が低すぎて使い物にならなかったんですが(笑)

2013/01/23ビジネス・起業

寿司が食べたい、と御母堂様がのたまうので、TELで予約注文しお店へ取りに行くことに。・・・・
 
Googleで回転寿司を探すと、なんとまあ8軒しか引っかかってこないんですよね。
んでもって高い。
安そうなお店をみつけたんですけど、今度はWebサイトががなくてメニューがわからない。
 
そこは、店内でも食べられるものの席数が少なく、主は宅配のお店だそうです。
それなのに、Web上にメニューを露出していないなんて、どういうことでしょう。

2013/01/23宮崎みやこんじょ, ビジネス・起業

地方の経済政策と言えば、まず公共事業。
そして、企業誘致。
大抵その程度しか思いつかないそうですね。
 
公共事業が大幅に減少した今日、宮崎でも「いかにして企業を誘致するか」といった議論ばかりしていると聞きました
県民会議での話だそうです。不毛ですな。

2013/01/23宮崎みやこんじょ, 雑談

霧島新燃岳の噴火で、非常に迷惑しています。
 
火山灰が凄いんですよね。一昔前の鹿児島みたいな状況です。
私は喘息持ちなので、大変です。早々から変調をきたしております。
 
火山灰は、ケイ素というガラス質です。
目に入れば目が痛いし、吸い込めばアレルギー体質の人は咳き込みます。
灰に届けば喘息が悪化します。

2013/01/23宮崎みやこんじょ

ほぼ1年ぶりの更新。
何度も訪問された方々、どうも申し訳ございません。
今後しばらく、気合を入れて更新に励みます。
 
さて、私こと昨年春より半年程、神奈川住まいの東京通いを経験しました。
そして宮崎県みやこんじょに戻りました。
物凄い落差に、あらためてショックを受けております。

2013/01/23ビジネス・起業

先日、ちょろっと宮崎の実家に戻りました。
 
福岡宮崎間の移動手段は、ひどいものです。
鉄道は全く使い物にならず、飛行機は割高。車だと運転がしんどい上に、ガス代高速代に泣きます。
で、必然的に高速バス利用ということになります。
 
今回初めて、新興会社の高速バスを利用しました。
うっかり、予約時に大して気にも留めなかったのですが、4列シートと書いてありました。
いざ乗ってみてびっくりですよ。座席が、成人男性の肩幅より狭いわけです。これは辛い。

2013/01/23政治・経済, 雑談

先日、「シロクロはっきりするまでは、慎重に報道しろ」という文章を書きましたが、直後、ダイヤモンドオンラインに同種の記事が掲載されました。
 
[ダイヤモンドオンライン]
週刊上杉隆「検察という国家権力にすり寄る記者クラブメディアの醜悪」
http://diamond.jp/series/uesugi/10111/
 
私の文章の主旨と、近いものがあります。